1936年の大放送

せんきゅうひゃくさんじゅうろくねんのだいほうそう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1933年の大放送たる「ラジオは笑う」の姉妹編で、「人生は42から」のウォルター・ディレオン、「ミシシッピ」のソランシス・マーティン、「歓呼の嵐」のラルフ・スペンスの3名が協力して書き卸した脚本からジャック・ミンツが台本を作り、「カレッジ・リズム」「恋と胃袋」のノーマン・トーログが監督に当たり、「ボクは芸人」「カレッジ・リズム」レオ・トーヴァーが撮影した。出演者は「カレッジ・リズム」「野性の叫び(1935)」のジャック・オーキー、「花嫁は泣きました」「恋と胃袋」のバーンズ及びアレン組、「カレッジ・リズム」のリダ・ロバーティ、「影無き男(1934)」のヘンリー・ウォズウォース、英国映画界からきたウェンディー・バリー、「愛の隠れ家」のC・ヘンリー・ゴードン等で、ラジオ場面に特技を見せる人々のうち主なる者は、ビング・クロスビー、カルロス・ガルデル、リヒャルト・タウバー、エセル・マーマン、レイ・ノーブル・バンド等である。なお音楽指揮は「ボエロ」のナサニエル・フィンストン、舞踏指揮は「ルムバ」のレロイ・プリンツ、が各々受け持っている。

「1936年の大放送」のストーリー

全世界の女性の恋人ロクィンヴァーこれはスパッドとマイリイが頭を練って造り上げた架空の人物で、W・H・Yというささやかな放送局から2人が1人となって「ロクィンヴァー」の放送をし女性ファンの憧れの的となっていた。所が経営がうまくゆかず借金で首が回らない。ジョージ・バーンズが発明した「ラジオ・アイ」というテレヴィジョンとラジオを兼ねた重実な器械が欲しいのだが買う金がない。ラジオ・コンクールにこれを使って25万弗の賞金を取ろうという計画なのである。そこへ現れたのがクレメント島の女王でイソベルというロクィンヴァーのファンである。イソベル女王は放送を聞いてロクィンバーに恋心を覚え、はるばるアメリカにやってきたのだが、来てみるとロクィンヴァーはスパッドとスマイリーの2人なので島に連れ帰って、どっちを夫にするか慎重に決めようというのである。2人は金さえ取れば女王に用はなかったが、女王の計略にかかって島に連れて行かれる。バーンズを騙して取り上げた「ラジオ・アイ」も彼らと共に南海の孤島クレメント島に運ばれた。島にいる家老のゴードニはひそかに女王を慕っていたので、女王が連れてきた男を計略を用いて殺していた。スパッドとスマイリイは女王の秘書スーからこの話を聞いて驚いたが今更どうする事もできない。女王の婿が決まる日が来た。女王が宴席から退いたら婿に決まった男を殺そうというゴードニ一味の計画である。婿はスパッドに決まった。宴果てて女王はもう眠りかかっている。スパッドとスマイリィは「ラジオ・アイ」の力でラジオの芸人を総動員し女王の眼を覚まそうとする。一方「ラジオ・アイ」の威力はクレメント島から2人のS・O・Sを全米国に放送する。このときアメリカでは丁度ラジオ・コンクールが開かれて栄手、役員達は彼らの放送をラジオ・ドラマの放送と信じ、真に迫った演出にすごく感心する。ゴードニは彼らのS・O・Sを看破し、クレメント島にはたちまち正邪争う大活劇が展開された。ただし正義はついに勝った。彼らはコンクールに1等となり、スパッドは女王の腕に、スマイリィはスーの胸にめでたく幸福を見いだしたのである。

「1936年の大放送」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「1936年の大放送」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
レイティング

「1936年の大放送」のみんなのレビュー

「1936年の大放送」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/22

ジム・ジャームッシュ(1953)

デッド・ドント・ダイ

第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったジム・ジャームッシュによるゾンビ・コメディ。アメリカの田舎町で、次々と墓場から死者が蘇る事態が発生。3人だけの警察署で勤務するピーターソン巡査や葬儀屋のゼルダが退治するが、ゾンビは増殖していく。出演は、「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイ、「パターソン」のアダム・ドライバー、「サスペリア」のティルダ・スウィントン、「荒野にて」のクロエ・セヴィニー。

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。
生田絵梨花(1997)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

超能力研究部の3人

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。

「1936年の大放送」を観ているあなたにおすすめの映画