1936年の大放送

せんきゅうひゃくさんじゅうろくねんのだいほうそう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1933年の大放送たる「ラジオは笑う」の姉妹編で、「人生は42から」のウォルター・ディレオン、「ミシシッピ」のソランシス・マーティン、「歓呼の嵐」のラルフ・スペンスの3名が協力して書き卸した脚本からジャック・ミンツが台本を作り、「カレッジ・リズム」「恋と胃袋」のノーマン・トーログが監督に当たり、「ボクは芸人」「カレッジ・リズム」レオ・トーヴァーが撮影した。出演者は「カレッジ・リズム」「野性の叫び(1935)」のジャック・オーキー、「花嫁は泣きました」「恋と胃袋」のバーンズ及びアレン組、「カレッジ・リズム」のリダ・ロバーティ、「影無き男(1934)」のヘンリー・ウォズウォース、英国映画界からきたウェンディー・バリー、「愛の隠れ家」のC・ヘンリー・ゴードン等で、ラジオ場面に特技を見せる人々のうち主なる者は、ビング・クロスビー、カルロス・ガルデル、リヒャルト・タウバー、エセル・マーマン、レイ・ノーブル・バンド等である。なお音楽指揮は「ボエロ」のナサニエル・フィンストン、舞踏指揮は「ルムバ」のレロイ・プリンツ、が各々受け持っている。

「1936年の大放送」のストーリー

全世界の女性の恋人ロクィンヴァーこれはスパッドとマイリイが頭を練って造り上げた架空の人物で、W・H・Yというささやかな放送局から2人が1人となって「ロクィンヴァー」の放送をし女性ファンの憧れの的となっていた。所が経営がうまくゆかず借金で首が回らない。ジョージ・バーンズが発明した「ラジオ・アイ」というテレヴィジョンとラジオを兼ねた重実な器械が欲しいのだが買う金がない。ラジオ・コンクールにこれを使って25万弗の賞金を取ろうという計画なのである。そこへ現れたのがクレメント島の女王でイソベルというロクィンヴァーのファンである。イソベル女王は放送を聞いてロクィンバーに恋心を覚え、はるばるアメリカにやってきたのだが、来てみるとロクィンヴァーはスパッドとスマイリーの2人なので島に連れ帰って、どっちを夫にするか慎重に決めようというのである。2人は金さえ取れば女王に用はなかったが、女王の計略にかかって島に連れて行かれる。バーンズを騙して取り上げた「ラジオ・アイ」も彼らと共に南海の孤島クレメント島に運ばれた。島にいる家老のゴードニはひそかに女王を慕っていたので、女王が連れてきた男を計略を用いて殺していた。スパッドとスマイリイは女王の秘書スーからこの話を聞いて驚いたが今更どうする事もできない。女王の婿が決まる日が来た。女王が宴席から退いたら婿に決まった男を殺そうというゴードニ一味の計画である。婿はスパッドに決まった。宴果てて女王はもう眠りかかっている。スパッドとスマイリィは「ラジオ・アイ」の力でラジオの芸人を総動員し女王の眼を覚まそうとする。一方「ラジオ・アイ」の威力はクレメント島から2人のS・O・Sを全米国に放送する。このときアメリカでは丁度ラジオ・コンクールが開かれて栄手、役員達は彼らの放送をラジオ・ドラマの放送と信じ、真に迫った演出にすごく感心する。ゴードニは彼らのS・O・Sを看破し、クレメント島にはたちまち正邪争う大活劇が展開された。ただし正義はついに勝った。彼らはコンクールに1等となり、スパッドは女王の腕に、スマイリィはスーの胸にめでたく幸福を見いだしたのである。

「1936年の大放送」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「1936年の大放送」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
レイティング

「1936年の大放送」のみんなのレビュー

「1936年の大放送」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。

「1936年の大放送」を観ているあなたにおすすめの映画