1936年の大放送

せんきゅうひゃくさんじゅうろくねんのだいほうそう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1933年の大放送たる「ラジオは笑う」の姉妹編で、「人生は42から」のウォルター・ディレオン、「ミシシッピ」のソランシス・マーティン、「歓呼の嵐」のラルフ・スペンスの3名が協力して書き卸した脚本からジャック・ミンツが台本を作り、「カレッジ・リズム」「恋と胃袋」のノーマン・トーログが監督に当たり、「ボクは芸人」「カレッジ・リズム」レオ・トーヴァーが撮影した。出演者は「カレッジ・リズム」「野性の叫び(1935)」のジャック・オーキー、「花嫁は泣きました」「恋と胃袋」のバーンズ及びアレン組、「カレッジ・リズム」のリダ・ロバーティ、「影無き男(1934)」のヘンリー・ウォズウォース、英国映画界からきたウェンディー・バリー、「愛の隠れ家」のC・ヘンリー・ゴードン等で、ラジオ場面に特技を見せる人々のうち主なる者は、ビング・クロスビー、カルロス・ガルデル、リヒャルト・タウバー、エセル・マーマン、レイ・ノーブル・バンド等である。なお音楽指揮は「ボエロ」のナサニエル・フィンストン、舞踏指揮は「ルムバ」のレロイ・プリンツ、が各々受け持っている。

「1936年の大放送」のストーリー

全世界の女性の恋人ロクィンヴァーこれはスパッドとマイリイが頭を練って造り上げた架空の人物で、W・H・Yというささやかな放送局から2人が1人となって「ロクィンヴァー」の放送をし女性ファンの憧れの的となっていた。所が経営がうまくゆかず借金で首が回らない。ジョージ・バーンズが発明した「ラジオ・アイ」というテレヴィジョンとラジオを兼ねた重実な器械が欲しいのだが買う金がない。ラジオ・コンクールにこれを使って25万弗の賞金を取ろうという計画なのである。そこへ現れたのがクレメント島の女王でイソベルというロクィンヴァーのファンである。イソベル女王は放送を聞いてロクィンバーに恋心を覚え、はるばるアメリカにやってきたのだが、来てみるとロクィンヴァーはスパッドとスマイリーの2人なので島に連れ帰って、どっちを夫にするか慎重に決めようというのである。2人は金さえ取れば女王に用はなかったが、女王の計略にかかって島に連れて行かれる。バーンズを騙して取り上げた「ラジオ・アイ」も彼らと共に南海の孤島クレメント島に運ばれた。島にいる家老のゴードニはひそかに女王を慕っていたので、女王が連れてきた男を計略を用いて殺していた。スパッドとスマイリイは女王の秘書スーからこの話を聞いて驚いたが今更どうする事もできない。女王の婿が決まる日が来た。女王が宴席から退いたら婿に決まった男を殺そうというゴードニ一味の計画である。婿はスパッドに決まった。宴果てて女王はもう眠りかかっている。スパッドとスマイリィは「ラジオ・アイ」の力でラジオの芸人を総動員し女王の眼を覚まそうとする。一方「ラジオ・アイ」の威力はクレメント島から2人のS・O・Sを全米国に放送する。このときアメリカでは丁度ラジオ・コンクールが開かれて栄手、役員達は彼らの放送をラジオ・ドラマの放送と信じ、真に迫った演出にすごく感心する。ゴードニは彼らのS・O・Sを看破し、クレメント島にはたちまち正邪争う大活劇が展開された。ただし正義はついに勝った。彼らはコンクールに1等となり、スパッドは女王の腕に、スマイリィはスーの胸にめでたく幸福を見いだしたのである。

「1936年の大放送」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「1936年の大放送」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
レイティング

「1936年の大放送」のみんなのレビュー

「1936年の大放送」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

エリカ・リバス(1974)

人生スイッチ

アルゼンチンで国内年間ランキング1位を獲得したオムニバス形式のブラック・コメディ。製作は、「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル。出演は、「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。第87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
ヴェイッコ・アールトネン(1955)

罪と罰(1983)

殺人を犯した青年の行動を乾いたタッチで描く作品。「白い花びら」のアキ・カウリスマキ、監督長編第1作。原作はロシアの文豪、ドストエフスキーの同名小説。出演はマルチ俳優として活躍するマルック・トイッカ、「愛しのタチアナ」までカウリスマキ作品の顔だったマッティ・ペロンパー、カウリスマキ作品の常連名脇役であるエスコ・ニッカリほか。1983年第1回フィンランド・ユッシ賞最優秀処女作品、最優秀脚本賞受賞。

ラヴィ・ド・ボエーム

パリを舞台に、3人の芸術家のボヘミアン生活を描く。監督・製作・脚本は「コントラクト・キラー」のアキ・カウリスマキ、原作はアンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』(Scenes de la vie de boheme)、撮影はティモ・サルミネンが担当、音楽はセルジュ・レジアニが歌う「僕は飲む」、しのはらとしたけが歌う「雪の降る町を」などの既成曲を使用している。

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。

「1936年の大放送」を観ているあなたにおすすめの映画