嵐の戦捷旗

あらしのせんしょうき
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「麗しのパリ」「水兵万歳」のルー・エイヤースと「歓楽の女王」「悪夢」のイザベル・ジュウェルが主役を勤める映画で、ウェリン・トットマンとジェイムス・グルーエンが書き下ろし、「弾丸か投票か」のシートン・I・ミラーが脚色、「疾風無敵男」「僕は軍人」のハワード・ブレザートンが監督に当たり、「恐怖の夜」のアーネスト・ミラーが撮影した。助演者は「疾風無敵男」のジミー・エリソン、「ロビンフッドの復讐」のJ・キャロル・ナイシュ、「野生の叫び」のジェイムス・バークを始め、クレイ・クレメント、メイナード・ホームズ、ジョセフ・ソーヤー等。

「嵐の戦捷旗」のストーリー

米国海軍陸戦隊でウディー、タビー、マックの3人組といえば威勢のいいので知れ渡っている。一度上陸すれば翌日は必ず菅倉に入れられる。それはもっぱらウディーの喧嘩早いのによるのである。この3人は国際関係風雲急なる上海に駐屯することになった。ウディーとタビーが祖界を歩いている時、二人は闇に咲く花ブルックリンに魅きつけられとある酒場に這い入ると、ロシア人ドレノフに喧嘩を売られたが二人は胸を押さえて我慢した。と言うのは今日の上陸前「陸戦隊の名誉と国際間の平和のために、今日は絶対に事を起こさず帰って来い」と士官からくれぐれも厳命されていたからである。しかしドレノフの言動は遂に米国海軍を侮辱するに至ったので、我慢し切れなくなったウディーは相手を殴り倒した。すると卑怯にも相手は拳銃を発射した。危険と見てタビーはウディーをかばったので弾丸に当たって、ブルックリンとウディーに抱かれたまま死んでいった。この騒ぎでウディーは軍籍を除かれる。彼はブルックリンの助けを得てドレノフを見付け、波止場の倉庫で格闘の結果相手は自らの放った弾で死んでしまい、彼の度胸がドレノフの親分コリガンに買われてウディーは仕事を得た。それは密輸入の機関銃を中国奥地に運搬する仕事である。米国陸戦隊ではマックを指揮官とする密輸入銃器の取締まりの一隊が出動し、調査の結果ウディーのやっている事だと判明する。彼等は一時ウディーを国を裏切る男と誤解したが、密輸入者討伐の争いにウディーは深傷に屈せず目覚ましい奮戦を続け、武器倉庫を爆破し、陸戦隊は大勝利を得た。この功によって彼は再び軍籍に復帰を許された。

「嵐の戦捷旗」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「嵐の戦捷旗」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 リパブリック映画
配給 欧米映画
レイティング

「嵐の戦捷旗」のみんなのレビュー

「嵐の戦捷旗」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。