嵐の青春(1941)

あらしのせいしゅん Kings Row
上映日
1947年3月25日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ヘンリー・バラマンのベストセラー小説より「海賊ブラッド」「母の素顔」「小麦は緑」及び「サラトガ本線」等のケイシー・ロビンソンが脚色し、「チップス先生さようなら」「我等の町」のサム・ウッドが監督にあたった。撮影は「奇傑パンチョ」「無敵艦隊」等のジェームズ・ウォン・ホウの担当。主演にはアン・シェリダンのほか「肉体と幻想」「南部の人読」のベティ・フィールド、「肉体と幻想」のロバート・カミングス、新人ロナルド・レーガンが顔をそろえ「アメリカ交響楽」のチャールズ・コバーン「カサブランカ」「夜霧の港」のクロード・レインズ「雨ぞ降る」「征服」のマリア・オースペンスカヤ、「運命の饗宴」のハリー・ダヴェンポート「レベッカ」のジュディス・アンダーソン、舞台出身の新人ナンシー・コールマン「追憶(1941)」の少年俳優ダグラス・クロフトらが助演している。1941年度作品。

「嵐の青春(1941)」のストーリー

1890年のキングス・ロウの街。少年のパリスも、少女のカサンドラもルイズもランディもみな幼な友達だった。パリスとカサンドラは幼な心にも互いに愛し合っていたが、カサンドラが学校をやめてから、二人は会う機会がなかった。それから10年後、成人したパリスはカサンドラの父タワー医師の下で医学を勉強することになり、美しいカサンドラに会うが、二人は今も愛し合っていることを互いに悟るのだった。やがて、パリスはウィーンに遊学することになり、カサンドラも同行をのぞんだが、パリスはこれを思い止まらせようとする。その翌朝カサンドラは死体となって発見された。彼女の父が彼女に毒をあたえ、自分もその後を追ったのだった。ウィーンに出発するパリスを見送った親友のドレイクは、駅で会ったランディに結婚を申し込んだが、彼女は身分の違いを考えてそれに応じなかった。その後ドレイクは財産をかい帯され駅の転テツ手として働くうち事故で負傷し、町の医師ゴードンの手術を受手両脚を切断される。ゴードンの娘ルイズはドレイクを熱愛していたが、父は粗野なドレイクを嫌い二人を引き離そうとしていた。ルイズは父が故意にドレイクの両脚を切断したといってののしった。ランディは打ち砕かれたドレイクの気力を再び燃え立たせるべく、彼との結婚を決意し、ウィーンのパリスに助力を求める。

「嵐の青春(1941)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「嵐の青春(1941)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1941
公開年月日 1947年3月25日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画作品
配給 セントラル映画社
レイティング

「嵐の青春(1941)」のみんなのレビュー

「嵐の青春(1941)」のレビューを書く

「嵐の青春(1941)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。