世界を敵として(1922)

せかいをてきとして
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ピーター・B・カインの小説家ら脚色したもので、監督はダグラス・フェアバンクスの「バグダッドの盗賊(1924)」を監督しているラウール・ウォルシュである。主役は「エヴァンジェリン(1919)」に主演したラウール・ウォルシュの娘ミリアム・クーパー、ラルフ・グレイヴスが相手役である。

「世界を敵として(1922)」のストーリー

父無し子を連れて帰って来たとてナンは村の人から侮られていた。幼友達のドナルドは彼女を愛していたが彼の父は2人の結婚に大反対であった。悲しい2人の恋が許されたのは、ドナルドの重病をナンが救って、秘密に結婚をし、子供が生まれた後の事であった。

「世界を敵として(1922)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「世界を敵として(1922)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1922
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 松竹
レイティング

「世界を敵として(1922)」のみんなのレビュー

「世界を敵として(1922)」のレビューを書く


「世界を敵として(1922)」を観ているあなたにおすすめの映画