セヴィラの毒婦

せびらのどくふ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

プリシラ・ディーン嬢のピー・ディー・シー入社第一回作品でH・H・ヴァン・ロ ーン氏の原作に基づき「金魚娘」「アラビアの恋」等を監督したジェローム・ストーム氏が製作者ハント・ストロンバーグ氏と共同監督をしたもので、主役は「ホワイト・タイガー」のプリシラ・ディーン嬢で、相手役は「ドロシー・ヴァーノン」等出演のアラン・フォレスト氏。「受難のテス」等出演のスチュアート・ホームズ氏も助演している。

「セヴィラの毒婦」のストーリー

闘牛士ペドロ・ロメロが帰郷したときドロレスは幼友達のガリトを引立ててやると 約束した。ペドロは恋人のあるディタが己に反いたのに気を落し牛に殺される。機会を与えられたガリトは見事に牛に止めを刺して一躍人気者になった。アルディタは早速彼を己が車に乗せて去り、彼はアルディタの愛に溺れた。ドロレスは彼の不実を怒る。カヴァロは彼女を立派な踊り子にしてやった。アルディタに飽き悔んだガリトはドロスに許しを乞うたが彼女は上べにカヴァロはガリトがいては彼女が己の意に従わぬことを悟り彼に毒を盛ることを企んだ。それを知ったドレスは彼を救わんとしてアルディタのために監禁されたが格闘の末相手を倒して闘牛場へ駆け付けた。その時服毒したガリトは危うく落馬しようとしていた。ドロレスは走りよって彼を救い牛をしとめて観衆の喝采を受けた。

「セヴィラの毒婦」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「セヴィラの毒婦」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 ピー・ディー・シー映画
配給 ピー・ディー・シー映画
レイティング

「セヴィラの毒婦」のみんなのレビュー

「セヴィラの毒婦」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません


「セヴィラの毒婦」を観ているあなたにおすすめの映画