西部番外地

せいぶばんがいち
上映日
1971年5月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

“マチョ”というのはスペイン語で「--な奴」という意味で、原題の“マチョ・カラハン”はカラハンの野郎といった意味である。“逃げる男”ジャンセンの娯楽ウェスタン。製作総指揮は「ソルジャー・ブルー」のジョセフ・E・レヴィン、製作はマーティン・C・シュット、バーナード・L・コワルスキー、監督は「USAブルース」のバーナード・L・コワルスキー、脚本はクリフ・グールド、撮影はジェラルド・フィッシャー、音楽はパット・ウィリアムスがそれぞれ担当。出演はデイヴィッド・ジャンセン、ジーン・セバーグ、リー・J・コッブ、ジェームズ・ブース、ペドロ・アルメンダリス・ジュニア、デイヴィッド・キャラダインなど。テクニカラー、パナビジョン。1970年作品。

「西部番外地」のストーリー

南北戦争のまっただ中、南軍の捕虜収容所に南軍の兵士、マチョ・カラハン(デイヴィッド・ジャンセン)は入っていた。南軍の兵士ながら、粗暴な性格のため軍律にひっかかり、“豚小屋”と呼ばれる私刑場に閉じ込められていたのだ。たびたびの脱走に失敗しながらも、彼を欺いた“黄色の長靴をはいた男”に対する復讐心に燃え、不屈の精神と体力でついに脱走に成功した。数日後、ジャクソンの町にふらりと現れたマチョは、旧友ジュアン(ペドロ・アルメンダリス)に再会する。酒場で一杯やっているとき、新婚旅行でやってきたスマートな北軍の大佐デイヴィッド(デイヴィッド・キャラダイン)が入ってきた。シャンペンのことで争いになり、怒ったマチョはデイヴィッドを撃ち殺してしまう。悲しみのどん底に落とされた新妻アレキサンドラ(ジーン・セバーグ)は、復讐を誓ってマチョを追った。そのアレキサンドラに仇討ちにことよせ付きまとう男ダフィ(リー・J・コッブ)こそ、マチョの捜していた“黄色い長靴をはいた男”であった。相棒のジュアンとある町でダフィを発見すると、2人はついに吊るし首にして復讐を遂げた。マチョは賞金を千ドルにつり上げてなお追い続けるアレキサンドラに、賭博場で発見される。うまくマチョに接近したアレキサンドラは、すきを見て、火掻き棒で殴りかかるが、逆にとり返され、犯されてしまう。そこで彼女はふしぎな感情が湧いてきて、憎悪からしだいに彼の人柄に魅かれていくのに気づいた。しかし、賞金めあてのならず者は執拗に3人を追ってくる。アレキサンドラはすでにマチョに愛を感じて、彼のあとについていこうと決心していた。賞金稼ぎに相棒ジュアンを殺され、2人は逃亡の生活を続ける。ある夜、仇の関係の中の愛に悩んだすえ決心したマチョは、岩かげに身を隠して眠るアレキサンドラを残して去ろうとしたそのとき、賞金稼ぎの銃が火を吹き、マチョは暗闇の中に倒れた。(ブエナビスタ配給*1時間33分)

「西部番外地」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「西部番外地」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1970
公開年月日 1971年5月22日
製作会社 ジョセフ・E・レヴィン・プロ作品
配給 ブエナ ビスタ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「西部番外地」のみんなのレビュー

「西部番外地」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/2

ダン・バトラー(1954)

山猫は眠らない2 狙撃手の掟

「プラトーン」「メジャーリーグ」のトム・ベレンジャーが伝説のスナイパー、トーマス・ベケットを演じる「山猫は眠らない」の続篇。監督はシャープで重厚なアクションシーンには定評のあるクレイグ・R・バクスレー。製作総指揮は「カットスロート・ハイウェイ」「ヴァンパイア・ハンター」監督としても知られているJ・S・カードネ。また製作のキャロル・コッテンブルックは公私共にカードネのパートナーである。もう一人の製作者は「トゥルー・ブルー」「D.N.A」のスコット・アイビンダー。前作に引き続き音楽を担当するのが「沈黙の戦艦」「D.N.A」のゲイリー・チャン。脚本はハリウッドの新鋭ライターチームのロン・ミタ&ジム・マックレインで、アクション大作「S.W.A.T」でも共同脚本を手掛けている。

ザ・ファン

人気野球選手への過剰な思い入れのあまり、次々と異常な行動を重ねていく男の犯罪を描いたサイコ・スリラー。売れっ子サスペンス作家、ピーター・エイブラハムズ初の映画化で、彼の同名長編小説(邦訳・早川書房)を、米NBCの人気TVドラマシリース『チアーズ』のフォフ・サットンが脚色。監督には「クリムゾン・タイド」のトニー・スコットがあたり、撮影のダリウス・ウォルスキー、音楽のハンス・ジマーも同作に続いての参加。製作は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のウェンディ・ファイナーマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはビル・アンガー、ジェームズ・W・スコッチドポール、バリー・M・オズボーンの共同。美術はアイダ・ランダム、編集はクリスチャン・ワグナーとクレール・シンプソンの共同。服装の変化が犯人の心理の移り変わりを表しているという衣裳デザインは、「カジノ」に続いてデ・ニーロの衣裳を担当するリタ・ライアックと、ダニエル・オルランディ。また、連続出場の世界記録を達成した大リーガーのカル・リプケン・ジュニアがテクニカル・アドバイザーを務めたほか、95年までフィリーズで活躍したジョン・クラックが5番打者役で出場しているのをはじめ、プロ選手が多数出演しているのも話題に。主演は「カジノ」「ヒート」のロバート・デ・ニーロと「マネートレイン」のウェズリー・スナイプス。共演は「ボーイズ・ライフ」に続いてデ・ニーロと共演となるエレン・バーキン、「3人のエンジェル」のジョン・レグイザモ、「ユージュアル・サスペクツ」のベニチオ・デル・トロほか。
ニック・チョン(1964)

インビジブル・スパイ

潜入捜査を描く香港のTVドラマ『使徒行者』のスピンオフシリーズ第2弾。警部チェンと警視イップは、世界中の警察にスパイを送り込むテロ組織を追うジャーナリストを保護。捜査に乗り出したところ、警視ジェンが潜入捜査官だったチェンを疑い捜査権を奪う。『使徒行者』スピンオフシリーズ第1弾である「ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官」から続きジャズ・ブーン監督のもと、ルイス・クー、ニック・チョン、フランシス・ンらが集う。「インファナル・アフェア」シリーズを手がけたアンドリュー・ラウ監督がプロデューサーを、「ゴールデン・ジョブ」のチン・ガーロウがアクション監督を務めた。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハード・ナイト

「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリン監督が放つバイオレンス・アクション。クリスマス・イブの香港。謎の武装グループが遺体検死中の監察医を襲撃。外部と遮断された密閉空間の中、不可解な要求を突きつけられた監察医たちは、危険な心理戦を仕掛けていくが……。出演は「激戦 ハート・オブ・ファイト」のニック・チョン、『霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~』のヤン・ズー、「若葉のころ」のリッチー・レン。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。