西部の星影(1930)

せいぶのほしかげ
製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

「快走王」「君恋し」と同じくリチャード・アーレン氏とメアリー・ブライアン嬢の共演映画で、「滅び行く民族」「曠野に叫ぶ(1930)」のゼーン・グレイ氏の原作から「危険なる楽園」「若き翼」のウィリアム・スレイヴンス・マクナット氏とグロヴァー・ジョーンズ氏が脚色し、「崩るる天地」「砂丘を越えて」のオットー・ブラワー氏と「桃色の盗賊」のエドウィン・H・ノッフ氏とが共同監督し「半分天国」「七日間の休暇」のチャールズ・ラング氏が撮影した。助演者には「ロマンスの河」「サンダーボルト(1929)」のフレッド・コーラー氏、「命を賭ける男(1930)」のレジス・トゥーミー氏、「駄法螺成金」のハリー・グリーン氏、ジョージ・チャンドラー氏、ウィリアム・ルメイヤー氏等が顔を出している。因に本映画の物語は1925年にジャック・ホルト氏を主役としてパ社で映画化されたことがある。

「西部の星影(1930)」のストーリー

ディック・ベイリーの友達で若い牧場主が突如何者かの手にかかって殺された。ディックは悪シェリフと組んでいるならず者のスタックを怪しいと睨んだ。酒の上からディックは冗談半分に最初会った白人の娘と結婚すると公表したがそれに丁度当った女性というのは兄の遺して行った牧場を管理するべく町へ来た牧場主の妹ルスであった。ディックの唐突な求婚はルスをひどく侮辱した。その過ちに気がついた時ディックは心中に少からず悔いた。ルスを牧場に案内した滑稽な行商人パイ・パンは彼女のために牧童を集めようと申出た。その人間の1人としてディックを紹介されたルスはその雇入れを拒んだ。しかし無頼漢スタックが牧場は自分のものだと言ってルスを困らせている時現われたディックの行為はルスの心を和らげディックとその部下達は雇われることになった。スタックがルスの兄から金魂を盗んだと信じたディックは部下を従え策略を用いてシェリフの事務所からその金魂を奪い返して牧場の税金を支払った。ディックはルスを心から愛し初めた。だがルスの許婚者だと自称する男ポップがこの牧場に姿を現わすに及んでディックはルスへの恋も諦めねばならぬと思ってガッカリしてしまった。そしてポップの小うるさいおせっかいに腹を立てたディックが格闘をはじめようとした際スタックを先頭としたシェリフの一隊が襲来したのでディックはそれの防戦に当らねばならなかった。スタック一味は家を包囲した。激しい射撃戦がひらかれた。隙を見て忍び出たディックは牧場の馬を放して敵を悩ました。そしてスタックを捕えてルスの兄を殺害したことと金魂を奪ったことを白状させ、なお逃走を企てる彼を追ってついに自滅せしめた。傷を負ったディックが牧場へ連れ帰られた時ポップは彼を喜び迎えた。ルスもディックを人知れず愛している自分の心を知った。

「西部の星影(1930)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「西部の星影(1930)」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社輸入
レイティング

「西部の星影(1930)」のみんなのレビュー

「西部の星影(1930)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません