西部の血煙

せいぶのけつえん
上映日
1957年10月6日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「開拓者の血闘」を近作に西部劇を多く手がけるダニエル・B・ウルマンがストーリーを書き自ら脚色、「決闘者」のハーモン・ジョーンズが監督した西部劇。撮影は「友情ある説得」のエルスワース・フレデリックス、音楽はマーリン・スカイルズ。主演は、「荒野の無頼漢」のジョージ・モンゴメリー、テレビ出身のマーシャ・ヘンダースン、「第十七捕虜収容所」のピーター・グレイヴス。ほかにアラン・ヘール、リチャード・アイアーなど。

「西部の血煙」のストーリー

オレゴンからワイオミングに家畜の大群を輸送するスティーヴ・パトリック(ジョージ・モンゴメリー)の牧童長ボブ・アンドルース(ピーター・グレヴス)は、一稼ぎするためパトリックの牛をマドックス(W・サンド)一味と横とりしようとたくらんでいた。オレゴンへ行く途中で、アンドルースはインディアンの襲撃をうけ重傷を負ったが、パトリックと彼の知合いの未亡人ジャネット・ヘール(マーシャ・ヘンダースン)の看護によって一命をとりとめた。パトリックは牛の大群の輸送隊に、チャック少年を抱えて暮らしに困っているジャネットを、料理女に雇うことにして出発した。この輸送隊は、リンチ以下全員が揃いも揃ってお尋ね者ばかりであったが、パトリックには忠実な働き手であった。牛の大群を率いてワイオミングへ近づくにつれて、アンドルースは命の恩人のパトリックを裏切って、マドックス一味に牛を奪わせることが次第に心苦しくなった。しかしジャネットに野心を抱く彼には、彼女との仲の良いパトリックへの嫉妬も手伝って、計画通りにマドックス一味の手引きをして、牛の大群を暴走させた。暴走する牛の群の中で輸送隊の荒くれ男たちとマドックス一味の死闘が展開された。アンドルースはこの戦闘で倒れ、マドックスもパトリックの正義の銃弾に倒れた。そして牛はパトリックの牧場に無事追いこまれた。ワイオミングの草原に平和が訪れ、パトリックとジャネット、そしてチャックの3人は幸福な親子として新しい生活を始めた。

「西部の血煙」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「西部の血煙」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1957年10月6日
製作会社 アライド・アーチスツ映画
配給 映配
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「西部の血煙」のみんなのレビュー

「西部の血煙」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/12

ラミ・マレック(1981)

ドクター・ドリトル(2020)

ロバート・ダウニー・Jrが製作総指揮・主演を務めたアクションアドベンチャー。動物と話しができる医師のドリトル先生は、世間から距離を取り、ひっそりと暮らしていた。だが、病に倒れた女王を救うため、仲間の動物たちと共に伝説の島へと旅立つことに。監督は「ゴールド/金塊の行方」のスティーヴン・ギャガン。「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のアントニオ・バンデラスが共演。ヒュー・ロフティングの世界的ベストセラーを原案としている。

パピヨン(2017)

スティーブ・マックイーン主演による「パピヨン(1973)」をリメイク。無実の罪で終身刑を言い渡され、周囲を海に囲まれた孤島に送り込まれたパピヨン。自由を求め何度も脱獄を試みる彼は、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、奇妙な友情で結ばれてゆく。出演は「キング・アーサー」のチャーリー・ハナム、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のトミー・フラナガン、「ブリッジ・オブ・スパイ」のイヴ・ヒューソン。監督は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品の『氷の季節』で審査委員特別賞と最優秀男優賞を受賞したデンマークの新鋭マイケル・ノアー。本作は、アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした自伝小説と、ダルトン・トランボによるオリジナル脚本の両方をベースに「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキが脚本を執筆、73年版にはなかったパリでのエピソードも追加されている。
余貴美子(1956)

痛くない死に方

在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラーを「赤い玉、」の高橋伴明が映画化した人間ドラマ。痛くない在宅医を選択したはずの末期がん患者が苦しみ続ける最期を迎えてしまい、在宅医の河田は先輩の長野からカルテではなく本人を見るよう指摘される。壁にぶつかりながら医師として成長する河田仁を「火口のふたり」の柄本佑が、先輩医師の長野浩平を「赤い玉、」の奥田瑛二が演じる。原作者の長尾和宏が医療監修を務めている。劇場公開に先駆け、第45回湯布院映画祭の秋の陣にて特別試写作品として上映。

泣く子はいねぇが

是枝裕和率いる映像制作者集団“分福”の新人・佐藤快磨のオリジナル脚本による長編デビュー作。秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれたものの、いつまでも父親の自覚を持つことができないたすくは、ついに妻のことねから愛想を尽かされてしまい……。出演は「タロウのバカ」の仲野太賀、「見えない目撃者」の吉岡里帆。

「西部の血煙」を観ているあなたにおすすめの映画