西部の裁き

せいぶのさばき
上映日
1950年11月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

わが国でははじめて紹介されるシネカラー法による色彩映画である。「怒濤の果て」のハリー・ジョー・ブラウンが製作、「拳銃の町」のレイ・エンライトが監督した1948年度作品。西部作家ルーク・ショートの小説よりケネス・ガメットが脚色し、フレッド・ジャックマン・ジュニアが撮影、ルディ・シュレイジャーが音楽を担当した。主演は「拳銃街道」のランドルフ・スコット、「緑の誓い」のマーゲリット・チャップマンで、ジョージ・マクレディ、「バッド・ガール」のサリー・アイラース、エドガー・ブキャナン、バーバラ・リード、ウォーレス・フォード、フォレスト・タッカー等が共演している。

「西部の裁き」のストーリー

コロナー・クリークの街はヤンガー・マイルスの勢力下にある街だった。ケイト・ハーディスンの経営するホテルに、この街に見かけない逞しい男が馬を乗りつけて宿をとった。クリス・ダニングと称するその男はケイトの親友であるマイルスの妻アビイが酔い痴れてアパッチ・インディアン語を口走っているのを見ると、牧場に送ってやると出て行った。こうしてクリスはマイルスの1の子分のアーニーと知り合いになり、仲間入りをすすめられたが、なぜか断ってマイルスが追っ払おうとしているデラ・ハームスの牧童頭になった。彼は故意にマイルスに逆っているようだった。ケイトはクリスの無暴さに、アビーの父がこの町のシェリフで、マイルスに敵対行為をとると命もあぶないと警告するが、一向に利目はなかった。かえって、クリスはハームス牧場を乗っ取ろうとするマイルスの裏を掻くことに成功するが、このため、生命の危機にさらされようとした。マイルスはひたがくしにしていた飲酒狂の妻にまで当たり散らし、彼女の父のシェリフさえも敵方にまわしてしまう。クリスは自分と結婚するために西部に来る途中の駅馬車でアパッチ語を話す兇盗に殺された許婚者の犯人を求めてこの町までやって来たのだったが、その賊がマイルスである確証を握り、マイルス一味を追いつめ、その復讐をとげる。

「西部の裁き」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「西部の裁き」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1950年11月21日
製作会社 コロンビア映画
配給 セントラル
レイティング
カラー/サイズ カラー

「西部の裁き」のみんなのレビュー

「西部の裁き」のレビューを書く

「西部の裁き」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。