西部のガンベルト

せいぶのがんべると
上映日
1962年7月31日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

スローン・ニブレーのオリジナル・ストーリーからナイブレイと「荒野の決闘」のウィンストン・ミラーが共同で脚本を書き「蒙古の嵐」のアンドレ・ド・トスが監督した西部劇。撮影はジョン・W・ボイル、音楽は「死の谷」のデイヴィッド・バトルフ。出演は「無法街の決斗」のランドルフ・スコット、女優兼歌手のルシル・ノーマン、ほかにレイモンド・マッシー。リチャード・ウェッブなど。

「西部のガンベルト」のストーリー

カーソン・シティの銀行家ウィリアム・シャロンは、自分の鉱山から出る金や銀を輸送する駅馬車が、度々強盗に襲われるので、カーソン市からバージニア市まで鉄道を建設することにし、西部で名の聞こえた鉄道技師ジェフ・キンケイド(ランドルフ・スコット)にその仕事を頼んだ。カーソン市に乗り込んだジェフは、新聞を発行しているミッチェルから娘のスーザン(ルシル・ノーマン)やその弟アラン(リチャード・ウェッブ)に紹介された。同じ鉱山主でありながら町の有力者ジャック(レイモンド・マッシー)は何故か鉄道建設に反対していた。彼は自分の鉱山がほとんど金を産出しなくなったことを隠してならず者のジム・スクヮィアースとその一味を使って駅馬車強盗をさせていたのだ。工事が始まり、建設道具を積んでカーソン市に向かった荷馬車が襲われ、谷底へつき落された。馭者が死の直前に岩に刻みつけた文字から、ミッチェルは犯人はジムの一味だと推察してデイビスに打ち明けたため暗殺されてしまった。デイヴィスの口車に乗った町民は鉄道工夫たちがミッチェルを殺したと思いこんで工夫たちとの間に喧嘩が始まった。ジェフは腹心のハガティ(ウィリアム・ハード)と共に腕づくでそれを鎮めた。トンネルを掘り始めた時突然出水騒ぎが起こり、調査に入ったジェフたちは、待ち受けていたかのような地崩れのため生き埋めにされた。ハガティに助け出された一同は、何者かがダイナマイトを仕掛けたことを知った。遂に鉄道が完成したが、祝賀会にデイヴィスがいないのに気づいたジェフは彼の鉱山に行き、彼らが列車強盗を企んでいるのを知った。計画が失敗したデイヴィスは罪の発覚を恐れ、スクヮィアースを不意討ちで殺し、追い迫るアランも射殺した。山の中でジェフと対決したデイヴィスは彼の弾に当たって崖から落ちて死んだ。ジェフはスーザンの許へ帰ってきた。

「西部のガンベルト」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「西部のガンベルト」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1952
公開年月日 1962年7月31日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「西部のガンベルト」のみんなのレビュー

「西部のガンベルト」のレビューを書く

「西部のガンベルト」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。