アイスマン(1984)

あいすまん
上映日
1984年11月23日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

4万年前に生存していたアイスマンが北極の氷の中から甦り、若き人類学者と交流するというSF映画。製作はノーマン・ジュイソンとパトリック・パーマー、監督はフレッド・スケピシ。ジョン・ドリマーの原作を基にチップ・プローザーとドリマーが脚色。撮影はイアン・ベイカー、音楽はブルース・スミートン、編集はビリー・ウェーバーが担当。出演はティモシー・ハットン、リンゼイ・クルーズ、ジョン・ローン、ジョセフ・サマー、デイヴィッド・ストラザーン、フィリップ・エイキンなど。日本版字幕は菊地浩司。カラー、シネスコサイズ。1984年作品。

「アイスマン(1984)」のストーリー

何千万年もの歴史が氷河の一部となって眠っている北極の地。その氷の洞窟の中で巨大な氷塊が発見され、ただちにポラリス採鉱化学会社の北極リサーチ・センターに運ばれた。同センターの低温生物学者ブレイディ博士(リンゼイ・クルーズ)は人類考古学上貴重な発見ということで関係者を召集、レーザー光線で氷塊を切断したところ、中から男が現われた、人類考古学者のシェファード(ティモシー・ハットン)は、男は狩猟者であり、4千万年前のネアンデルタール人だと断定した。しかも解凍の結果、体の細胞はDNAを合成し脳波も動いていることが分かった。アイスマンは生きていたのだ。翌日、シェファードはアイスマンの特殊な保身能力を調べるため単身でビバリウムの中に入っていった。アイスマンは腕をあげて威嚇したが、シェファードは臆せず近づきほほえみかけた。その瞬間、アイスマンは彼を押し倒し大きな石を振りかざした。ところがシェファードがさし出した顔写真を見ると、自分の胸を指差してチャルー(ジョン・口ーン)と呟いた。シェファードは彼をチャーリーと呼び、自分の名前を教えた。2人はすっかり打ち解け合った。そのとき突然、鳥のような鳴き声が聞こえ、アイスマンは「ダービー」と叫んだ。シェフアードはアイスマンの言葉の糸口を掴むため、言語学者チャップマンを呼び寄せた。彼女は、アイスマンともっと親しくなれば何か明らかになるだろうと助言した。2人は、言葉は通じないながらも交流を深めていった。しかしブレイディたちの興味の対象は彼の凍結防止能力だけであつた。シェファードの反対にも拘らず、アイスマンは肝臓検査を受けた。シェファードはブレイディにビバリウムに一緒に入ってくれと頼む。女性を見たらきっと反応するに違いないと考えたからだ。しかしブレイデイは拒否した。シェファードがアイスマンを観察していたとき、ブレイディが入ってきた。アイスマンは彼女を見て反応した。彼は2人の見る前で女と子供の絵を描く上、何か叫びながら楽しそうに走り回った。彼にも家族がいたのだ。そのとき、ビバリウムの上でヘリコプターの爆音が響き渡り、アイスマンは興奮しビーダー”と叫んで岩の上によじ昇った。数日後、アイスマンは逃げ出し、薬品室に侵入した。物音に気づいたメイナードが部屋に入ったところ、アイスマンの槍が彼の体を貫いた。メイナードが一命を落とした以上、単なる事故として片付けられない問題だと、ブレイディは主張した。シェファードは毛皮を手にビバリウムからアイスマンを連れ出した。アイスマンとシェファードはひたすら氷原を歩き続けた。が突如、氷が割れ巨大なクレバスが口を開いた。ちょうどそこに追跡隊のヘリが現われ、アイスマンはビーダーと叫ぶと両手をあげ、下降した機隊の脚にしがみついた。彼の体はヘリと共に空を飛び始めた。シェファードの眼前で、アイスマンの体はヘリを離れ、ゆっくり宙に舞った。(ユニヴァーサル映画=CIC配給/上映時間1時間41分)

「アイスマン(1984)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アイスマン(1984)」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1984
公開年月日 1984年11月23日
製作会社 ユニヴァーサル映画製作
配給 ユニヴァーサル映画=CIC
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「アイスマン(1984)」のみんなのレビュー

「アイスマン(1984)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません