西部討伐

せいぶとうばつ
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「曠原の荒武者」「突貫ミックス」等の主演者で西部劇の第一人者たるトム・ミックス氏のエフ・ビー・オー入社第1回作品で、ジョージ・W・パイパー氏が特に書卸した台本によりユージーン・フォード氏が監督した。助演者は「鑵詰行進曲」のシャロン・リン嬢、「掠奪軍」のリー・シャムウェイ氏を始め、フリッツィ・リッジウェイ嬢、デューク・リー氏等で、例の名馬トニーが活躍している。

「西部討伐」のストーリー

米国西部開拓時代の一段階、電信が開通する以前で、ポニー・キエスプレスが唯一の通信機関であった頃の物語りである。ワサッチの町にケーンという悪漢が居て、山賊たちと共謀して、私利を計り、電信架設の公金を奪ったりなどして居たが、何分巧妙な手段を用いていたので、誰もケーシが首魁であることに気付かなかった。ワサッチ町の電線架設本部にはカルホーンという技師が主任になって工事を急いでいたが邪魔をされるので工事がなかなか進歩しなかった。駅伝騎手のトム・ハーディーはかねてからケーンが怪しいと睨んでいたが、ふとしたことからケーンの正体を突きとめた。ケーンは見破られたことを勘づきカルホーンの娘メリー・ジェーンを誘拐して高飛びしようとした。トムは急を駐屯軍に知らせるためにトニーを御して悪漢共の伏勢を突破し、遂に首尾よく大任を果してケーン一味を撃滅した。かくて西部の天地に平和の曙光が見え、開拓者たちは堵に安んじて住めるようになった。トムはメリー・ジェーンの愛を得て、幸福であった。

「西部討伐」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「西部討伐」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 エフ・ジー・オー映画
レイティング

「西部討伐」のみんなのレビュー

「西部討伐」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません