西部魂(1926)

せいぶだましい
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「滅び行く民族」「轟く天地」等と同じくゼーン・グレイ氏作の小説をルシエン・ハバード氏が脚色し監督者に昇進したジョン・ウォーターズ氏が監督した西部劇で、「西部の星影(1925)」「轟く天地」等出演のジャック・ホルト氏が主演し「天空騒動」等出演のマーガレット・モリス嬢、「ありし日のナポレオン」等出演のアルレット・マルシャル嬢が共演し、レイモンド・ハットン氏、ジョージ・シーグマン氏を始めブルース・ゴードン氏、トム・ケネディー氏、エディス・ヨーク嬢が助演している。

「西部魂(1926)」のストーリー

1875年のある日コロラドのある町の小学校でデーア・ラッドとベイト・フィルモアとはネル・ウォーストルの事で大喧嘩をして2人共顔に傷を負った。それから年月が経ってラッドは仲良しのジム・ファロンと共に荒っぽい牧童になっていた。ジムもデーアも女房を探しに故郷に戻った。然しデーアの求めるネルは家族と共にネヴァダのユウレカに引っ越してたので彼はその跡を追った。ユウレカの酒場でベルという踊娘のことでデーアはベイトと再び争闘を始めたが来合わせたジムが仲裁した。デーアはネルがこの町に母と一緒に住んでいることやネルの父がベイトの父の計略に陥って無幸の入牢をしていること、そして父を出獄させるという口実でネルがベイトと結婚することを承知していることを聞き知った。デーアはネルの父を牢獄から救い出したが、ベイトはデーアが危険に瀕していると偽ってネルを呼び寄せ結婚を迫った。ネルは拒絶して監禁された。ユウレカの付近の彩鉱家達は凡てその獲得した権利を放棄すべしと宣告された。彼等はその不法を詰るべくジェス・フィルモアに迫った。デーアはその中に混じって進んだ。ジェスは息子のベイトや大勢の配下を俄か仕立てのシェリフとして対抗せんとした。ベイトはネルを無理強いに妻にしようとして踊娘のベルに妨げられた。ネルは身を以て脱れた。往来では採鉱者連とジェス一味とが火蓋を切ろうとしている刹那1人の小児が往来に助けに出た。それを見たベイトは2階から狙撃した。デーアは射てと合図した。それから乱射乱射が始まり駅馬車の逸走がある大活劇はデーアの奮闘で見事に鳧がついた。

「西部魂(1926)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「西部魂(1926)」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1926
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「西部魂(1926)」のみんなのレビュー

「西部魂(1926)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません