征服者(1955)

せいふくしゃ
上映日
1956年2月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
歴史劇

ここが見どころ

ハワード・ヒューズ提供による、12世紀の覇王ジンギスカン<テムジン>の活躍を中心としたスペクタクル史劇。俳優兼業のディック・パウエルが「非常線(1953)」に続いて製作・監督し、「第二の機会」のオスカー・ミラードが脚色した。撮影は「マーティ」のジョセフ・ラシェル、「たくましき男たち」のレオ・トーヴァー、「海底の黄金」のハリー・ワイルド、「黄金の銃座」のウィリアム・スナイダーの4名が共同担当している・作曲は「たくましき男たち」のヴィクター・ヤング、音楽はコンスタンチン・バカレイニコフ。主な主演者は「太平洋戦争」のジョン・ウェインがテムジンに扮する他、「一獲千金を夢みる男」のスーザン・ヘイワード、「ボルジャ家の毒薬」のペドロ・アルメンダリス、「ジョニー・ベリンダ」のアグネス・ムーアヘッド、「夢去りぬ」のジョン・ホイト、「海底二万哩」のテッド・デ・コルシア、トーマス・ゴメスなど。

「征服者(1955)」のストーリー

ゴビの大草原に多くの民族が勢力を争っていた12世紀。蒙古の熱血児テムジン(ジョン・ウェイン)は義兄弟ジャムガ(ペドロ・アルメンダリス)と鷹狩りの途中タタール王女ボルタイ(スーザン・ヘイワード)の嫁入り行列を見付けた。タタール王に父親を毒殺された恨みに燃えるテムジンは1族を率いて行列を襲い、彼女を虜にした。母ハンラン(アグネス・ムーアヘッド)の忠告にも拘らず、テムジンはボルタイを妻にすると宣言した。彼女と結婚するはずだったマーキット族の首長ターガタイ(レスリー・ブラッドレイ)は起こってテムジンの集落を夜襲した。虎口を脱れたテムジンはターガタイを倒し、岩蔭にボルタイと1夜を過ごした。タタール征服のため、内蒙古の支配者ワン・カーン(トーマス・ゴメス)と同盟を計ったテムジンは、ボルタイを連れてその城に赴いた。遊惰なワン・カーンも側近占師シャマン(ジョン・ホイト)の薦めで同盟を承諾した。帰路についたテムジンはタタール軍の襲撃を受け、ボルタイを奪われた上、彼自身も重傷を負い洞窟に身を潜めた。彼を救出しようとしたジャムガの努力も甲斐なく、タタール王カムレク(テッド・デ・コルシア)に捕らえられたテムジンはあらゆる屈辱を受けたがボルタイの助けで脱出し、集落に戻った。テムジンはワン・カーンとの盟約通りタタール撃滅の軍を起こし、ジャムガと弟カサー(ウィリアム・コンラッド)をその城に派遣した。だがテムジンが殺されたと信じるカーンはシャマンの口車に乗って、2人の暗殺を図った。カサーの犠牲で急をテムジンに告げようとしたジャムガは、タタール軍の虜となった。腹黒いシャマンはテムジンにワン・カーンの裏切りを伝え、怒ったテムジンはカーンの城に侵入した。瀕死のカーンの口からシャマンの陰謀を聞いたテムジンはシャマンを刺殺し、カーンの兵を挙中に収めた。タタール王に捕らわれたジャムガは拷問にも屈せず、テムジンの行方を明かさなかった。彼の姿に打たれたボルタイは父王をなだめ、ジャムガを介抱した。その夜、タタールの陣を奇襲したテムジンはボルタイを奪い去った。ゴビ砂漠における激戦の末、テムジンはタタール王を倒し、父の復讐を遂げた。ジャムガは死してテムジンとボルタイの行末を守り、ジンギスカンの子孫は100年もの間世界の半分を支配した。

「征服者(1955)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「征服者(1955)」のスペック

基本情報
ジャンル 歴史劇
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1956年2月17日
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKOラジオ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「征服者(1955)」のみんなのレビュー

「征服者(1955)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません