征服者(1955)

せいふくしゃ
上映日
1956年2月17日

製作国
アメリカ

ジャンル
歴史劇

ここが見どころ

ハワード・ヒューズ提供による、12世紀の覇王ジンギスカン<テムジン>の活躍を中心としたスペクタクル史劇。俳優兼業のディック・パウエルが「非常線(1953)」に続いて製作・監督し、「第二の機会」のオスカー・ミラードが脚色した。撮影は「マーティ」のジョセフ・ラシェル、「たくましき男たち」のレオ・トーヴァー、「海底の黄金」のハリー・ワイルド、「黄金の銃座」のウィリアム・スナイダーの4名が共同担当している・作曲は「たくましき男たち」のヴィクター・ヤング、音楽はコンスタンチン・バカレイニコフ。主な主演者は「太平洋戦争」のジョン・ウェインがテムジンに扮する他、「一獲千金を夢みる男」のスーザン・ヘイワード、「ボルジャ家の毒薬」のペドロ・アルメンダリス、「ジョニー・ベリンダ」のアグネス・ムーアヘッド、「夢去りぬ」のジョン・ホイト、「海底二万哩」のテッド・デ・コルシア、トーマス・ゴメスなど。

「征服者(1955)」のストーリー

ゴビの大草原に多くの民族が勢力を争っていた12世紀。蒙古の熱血児テムジン(ジョン・ウェイン)は義兄弟ジャムガ(ペドロ・アルメンダリス)と鷹狩りの途中タタール王女ボルタイ(スーザン・ヘイワード)の嫁入り行列を見付けた。タタール王に父親を毒殺された恨みに燃えるテムジンは1族を率いて行列を襲い、彼女を虜にした。母ハンラン(アグネス・ムーアヘッド)の忠告にも拘らず、テムジンはボルタイを妻にすると宣言した。彼女と結婚するはずだったマーキット族の首長ターガタイ(レスリー・ブラッドレイ)は起こってテムジンの集落を夜襲した。虎口を脱れたテムジンはターガタイを倒し、岩蔭にボルタイと1夜を過ごした。タタール征服のため、内蒙古の支配者ワン・カーン(トーマス・ゴメス)と同盟を計ったテムジンは、ボルタイを連れてその城に赴いた。遊惰なワン・カーンも側近占師シャマン(ジョン・ホイト)の薦めで同盟を承諾した。帰路についたテムジンはタタール軍の襲撃を受け、ボルタイを奪われた上、彼自身も重傷を負い洞窟に身を潜めた。彼を救出しようとしたジャムガの努力も甲斐なく、タタール王カムレク(テッド・デ・コルシア)に捕らえられたテムジンはあらゆる屈辱を受けたがボルタイの助けで脱出し、集落に戻った。テムジンはワン・カーンとの盟約通りタタール撃滅の軍を起こし、ジャムガと弟カサー(ウィリアム・コンラッド)をその城に派遣した。だがテムジンが殺されたと信じるカーンはシャマンの口車に乗って、2人の暗殺を図った。カサーの犠牲で急をテムジンに告げようとしたジャムガは、タタール軍の虜となった。腹黒いシャマンはテムジンにワン・カーンの裏切りを伝え、怒ったテムジンはカーンの城に侵入した。瀕死のカーンの口からシャマンの陰謀を聞いたテムジンはシャマンを刺殺し、カーンの兵を挙中に収めた。タタール王に捕らわれたジャムガは拷問にも屈せず、テムジンの行方を明かさなかった。彼の姿に打たれたボルタイは父王をなだめ、ジャムガを介抱した。その夜、タタールの陣を奇襲したテムジンはボルタイを奪い去った。ゴビ砂漠における激戦の末、テムジンはタタール王を倒し、父の復讐を遂げた。ジャムガは死してテムジンとボルタイの行末を守り、ジンギスカンの子孫は100年もの間世界の半分を支配した。

「征服者(1955)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「征服者(1955)」のスペック

基本情報
ジャンル 歴史劇
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1956年2月17日
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKOラジオ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「征服者(1955)」のみんなのレビュー

「征服者(1955)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません