征服されざる人々

せいふくされざるひとびと Unconquered
上映日
1951年3月20日

製作国
アメリカ

上映時間
146分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ネイル・H・スワンスンの小説から、「海外特派員」のチャールズ・ベネット、「オマハ街道」のジェシー・L・ラスキー・ジュニアがフレドリック・M・フランクと協力して脚本を書き、「大平原」のセシル・B・デミルが製作・監督した1948年作品。撮影は「カリフォルニア(1947)」のレイ・レナハン、音楽は「情炎の海」のヴィクター・ヤングが担当している。「摩天楼」のゲイリー・クーパー、「森林警備隊」のポーレット・ゴダードを中心に、「火の女」のハワード・ダ・シルヴァ、「フランケンシュタイン(1931)」のボリス・カーロフ、「幸福の森」のセシル・ケラウェイ、「若き日のリンカン」のワード・ボンド、「十字軍」のキャサリン・デミル、「ミニヴァー夫人」のヘンリー・ウィルコクスン、「誰がために鐘は鳴る」のヴィクター・ヴァルコニ、「凸凹闘牛の巻」のヴァージニア・グレイ、「不時着結婚」のポーター・ホールらが共演する。

「征服されざる人々」のストーリー

1763年、女奴隷としてアメリカへ送られて行くアビーを、豪商ガースは大西洋上の船中でみそめた。しかし彼と争って結局彼女をせり落したのは、ガースがインディアンと脈を通じて白人全滅をはかっている事実を見抜いていたクリス大尉であった。クリスは婚約者があったので下船早々アビーを解放してやったが、そのすきにガースは奸計でアビーを己れの所有にしてしまった。一方心変わりのした許婚者から失恋の傷手をうけたクリスは、ガースのすすめでインディアンへの和平使節としてグヤスタ酋長を訪れたが、途中ガースの命をうけて待ち伏せしたインディアンに襲われピッツ砦(ピッツバーグ)に逃げ帰った。彼はガースの酒場に踏込んだが、そこにはアビーが居た。クリスは彼女を連れ出し、それによってガースをおびき出そうとはかった。その折インディアンは砦外をおそい、アビーは、ガースのインディアン妻ハンナに捕えられて火刑に処せられようとした。その場へクリスが現われ、彼はインディアンをごまかしてアビーをさらい、更に2人は大瀧へ飛び込んで追跡を撒くという冒険ののち、人里まで逃れた。ピッツ砦へ戻るとクリスは敵前逃亡の罪で投獄された。アビーはガースに、自分の体とひきかえにクリスの助命を乞うた。許すとみせかけ、ガースはクリスを狙撃したが、自らその弾丸に当たって死んだのはガースの妻ハンナであった。砦はインディアン攻撃の前に風前の灯であったが、クリスは友軍に頼み、戦死体を車につんで大軍とみせかけて入城した。勢におそれインディアンは逃げ散った。ガースも形勢非とみて逃亡を企てたがクリスの1弾にあえなく最後をとげた。

「征服されざる人々」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「征服されざる人々」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1951年3月20日
上映時間 146分
製作会社 パラマウント映画
配給 セントラル
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
音量 モノラル

「征服されざる人々」のみんなのレビュー

「征服されざる人々」のレビューを書く

「征服されざる人々」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません


「征服されざる人々」を観ているあなたにおすすめの映画