性の敵(1924)

せいのてき
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

オウエン・ジョンスン氏原著の小説「火に耐える人」“The Salamander”を、ウォルター・ウッズ氏とハーヴェイ・シウ氏が脚色し、「女性礼讃」「男子改造」「懦夫奮起せば」に続くジェームズ・クルーズ氏の監督作品である。クルーズ氏はこの映画を完成してからベティー・カムプスン嬢と結婚した。カムプスン嬢の対手は「冬来りなば」「消え行く灯」等出演のパーシー・マーモント氏、「パリの暗影」「幸福の扇」等出演のハントリー・ゴードン氏、「鉄の爪」「ニューヨークの寵児」等出演のシェルドン・ルイス氏等である。

「性の敵(1924)」のストーリー

美しい娘ドド・バクスターはコーラス・ガールの出席する宴会に招かれて、その席にいる多くの紳士達の注目を集めた。翌日金持のアルバート・サッスーン、新聞社の社長ハーリガン・ブラッド、判事のマッシンゲールなどが彼女の許へ押寄せて、各々彼女を手に入れようと努め始めた。ドドはサッスーンとブラッドとをお互に喧嘩するように仕むけたが、マッシンゲールとは恋に陷ちた。けれども男に妻のあることを知って彼女の恋は消えてしまった。自暴自棄になったドドは醉払いの青年ギャリー・リンダベリーの操縱する自動車に乗って疾走し、怪我をしたが、彼女は若しギャリーが禁酒すれば結婚しようと約束した。ギャリーは禁酒が出来なかった。ドドは妻を捨てたマッシンゲールと共に馳落ちをしようとしたが、彼女が出発しようとした時ギャリーが泥醉して転げ込んで来た。そして彼女に救ってくれと訴えた。ドドの優しい心は動かされ、彼女はギャリーを介抱した。六個月経った。ギャリーはマッシンゲールの判事として勤めている法廷に立った。彼は自動車の速力を出し過ぎて捕えられたのであるが判事は彼がドドと新婚旅行に出発する途中であると聞いて、苦笑いをしながら彼らを放免した。

「性の敵(1924)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「性の敵(1924)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「性の敵(1924)」のみんなのレビュー

「性の敵(1924)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。