生に勝つ力

せいにかつちから
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「吹雪の野辺に」「久遠の微笑」「結婚とは」と同様ファースト・ナショナル社シドニー・A・フランクリン監督作品である。アンドリュー・ソーター原作の小説より映画化したもので、「拳銃の刻印」出演のナオミ・チルダース、「悪魔の合鍵」「ロビン・フッド(1922)」出演のサム・ド・グラッス主演である。

「生に勝つ力」のストーリー

発明家ステファン・ブラックムーアは資本家ファーガスンに違約され妻子と共に会社をやめたが生活の苦に耐えずファーガスンに約束の金額請求に赴いた。運悪く資本家の弟が折しも賭博の金を得べく忍び発見され兄を射殺した所に来合せた為捕えられ終身懲役に処された。妻ジァンは健気にも自ら工場を経営し種々の発明品の製作に依り名声を高めた。18年の歳月はこの工場を強固な基礎の上に上におき獄中より発明を秘かにステファンが送る事を誰にも悟られず、彼等の息子も今は立派な青年となりイーヴ・ハミッシと婚約の仲となり、折から起った欧州大戦におけるこの工場の貢献によって彼は爵位をさえ与えられる事となったが、彼自身も知らぬ父が獄中にある事を端なくも知られイーヴの父に婚約を破棄された。併しやがて真犯人の臨終の告白によりステファンの潔白は証され、光栄ある一家族は国民の感謝の的となり、若き婚約者達にも漸く幸福は訪れた。

「生に勝つ力」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「生に勝つ力」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1921
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 松竹
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「生に勝つ力」のみんなのレビュー

「生に勝つ力」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません