生と戦う女

せいとたたかうおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

チャールズ・G・ノリス氏作の小説に基づきレノア・コフィー女史とアルパート・レウィン氏とが脚色し「さすらいの人々」「フランダースの少年」等と同じくヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督したもので「さすらいの人々」「女房征服」等出演のメイ・ブッシュ嬢が主演し、相手役は「練獄の花」「舞姫ニノン」等出演のロバート・フレイザー氏で「燃ゆる砂」等出演のワンダ・ホウリー嬢や「氷原の雄叫び」等出演のパット・オマリー氏を始めホバート・ボスウォース氏、マートル・ステッドマン嬢、ワード・クレーン氏等が助演。

「生と戦う女」のストーリー

ジャネットとアリスとは父を失って後は母が音楽教授をして高等学校にも通わせてくれたが貧乏故に友達に侮られるのに堪えられずジャネットはコーリー出版会社に勤め社長コーリー氏の秘書となった。販売人のマーティン・デヴリンは彼女に恋した。ジャネットの妹アリスは貧乏な若者ローイに想われた。コーリー夫人がジャネットと夫との間柄を疑い離婚訴訟を起すに及んでジャネットはマーティンと結婚した。彼らの結婚生活はジャネットが避けたいと考えていたものであった。マーティンは酒に親しんで家計は乱れ勝ちであった。彼は遂に貯金箱にも手をつけた。ジャネットは別居して自活しようと決心した。彼女はコーリー夫人の誤解もとけたので再びコーリーの秘書となった。数年後彼女は高級社員となり又マーティンも自動車販売主任となった。彼らはお互いに和解したいと思っていた。アリスとローイとは貧しい結婚生活を続けていたが2人の子供は彼らの家庭を幸福にした。ローイは貯金でフォードをマーティンの手から買った。そして偶然にもローイの家で子供に戯れているジャネットに会いお互にバツの悪い思いをしたがもともと嫌い合った仲ではないのでジャネットはマーティンの腕に抱かれた。

「生と戦う女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「生と戦う女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 メトロ・ゴールドウィン映画
レイティング

「生と戦う女」のみんなのレビュー

「生と戦う女」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません


「生と戦う女」を観ているあなたにおすすめの映画