聖者エルモ

せいじゃえるも
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1866年出版されたオーガスタス・エヴァンス原作の小説に基づき、ジュールス・ファースマンが脚色し、「強敵一蹴」「烈風豪雨の夜」等と同じくジェローム・ストームが監督した。主役は「強敵一蹴」「巌窟王(1922)」等主演のジョン・ギルバートで、「心なき女性」「虚栄地獄」等出演のベシー・ラヴ等である。

「聖者エルモ」のストーリー

セント・エルモは西部の小さな町に母と2人何不自由ない生活をしていた。彼は生来思いやり深く慈善家であったが、彼の恋を誓った娘アグネスを、彼女の従兄の牧師ハモンドの息子マレイに奪われたのを見て、性格一変し世を呪い人を憎むようになり、マレイと決闘して彼を殺し、やがて漂泊の旅に上ってしまう。町の老鍛冶屋の孫娘エドナは祖父の死後エルモの母親に引き取られるが、故郷へ帰って来たエルモは、優しい彼女の感化で、荒んだ心が次第にやわらげられ、遂に彼女との恋に幸福を見いだす事とはなった。

「聖者エルモ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「聖者エルモ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1923
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「聖者エルモ」のみんなのレビュー

「聖者エルモ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/2

ダニエル・クレイグ(1968)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンのもと豪華キャストが集結したミステリー。富豪作家のハーランが誕生会の翌日、遺体となって発見された。屋敷にいた全員に容疑がかかる中、匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワは真相を探る。謎に迫る探偵ブノワ・ブランを「007」シリーズのダニエル・クレイグが、一族の問題児ランサム・ドライズデールを「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスが演じるなど、オールスターキャストで事件の謎を描いていく。第77回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)ノミネート。

マイ・サンシャイン

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。

「聖者エルモ」を観ているあなたにおすすめの映画