嵐に咲く花

あらしにさくはな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「アビーの白薔薇」「鑵詰行進曲」「男女の戦」出演のジーン・ハーショルト主演映画で、カール・レムリー特作品の一つである。ルパート・ヒューズの原作を、ナン・コチレーンが脚本化し、チャールズ・ケニヨンが脚色、「情熱の砂漠」「新人の天地輝く」と同じくエドワード・スローマンが監督した。共演は「マイク」「男女の戦」のサリー・オニール、「言論の自由」「珍戦花嫁争奪」のマルコム・マッグレガー。因みにこの映画は『キネマ旬報』第 327号「試写室」欄に、「荷船の乙女」として紹介されている。

「嵐に咲く花」のストーリー

ニューヨークの波止場からハドソン河を遡ってバッファローへと通う荷船の中に、船頭のマッカデン(ジーン・ハーショルト)は子供4人と共に住んでいた。マッカデンはつむじ曲りの頑固者で呑んだくれであった。長女のエリー(サリー・オニール)はもう年頃で、父親の手伝いをしていたが、小蒸気船の運転手フランシス・ファガーティ(マルコム・マッグレガー)の言いよる言葉に胸を躍らせるようになっていた。ファガーティは、日が暮れるとエリーを曳船の方に呼んで読書を教えた。これはマッカデンの知るところとなり、ファガーティはマッカデンと口論した揚句、解雇される。彼はトロイで曳船を去るが、その時にエリーを連れて町に遊びに行く。そのために、エリーは家へ帰ると父親に散々に打ち据えられた。傷ついたエリーは弟2人、妹1人をつれて家出をし、ファガーティの住居を尋ねる。ファガーティはエリーの真心に動かされ、結婚しようと決める。しかしその時マッカデンが通り合せ、ファガーティを人事不省になるほど撲り倒してしまった。それから幾月が流れて、ある大暴風雨の日、マッカデンの乗っている荷船はハドソンの河中へと押し流された。それを見た蒸気船にいたファガーティは跡を追って縄を投げ、荷船を止めようとするが落ちてきたランプに打ち倒される。エリーは縄を伝って蒸気船へとたどりつく。マッカデンも死力を尽くして船を操った。その甲斐あって、2つの船は首尾よく岸に着くことが出来た。それから2年後、マッカデンは酒を断ち、エリーとファガーディは結婚していた。一家は誰もが幸福そうに笑っている。

「嵐に咲く花」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「嵐に咲く花」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ユニヴァーサル映画
レイティング

「嵐に咲く花」のみんなのレビュー

「嵐に咲く花」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。