青春ホテル

せいしゅんほてる
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「一九三七年の大放送」に顔を合わせたジャック・ベニー、ジョージ・バーンズ、グレイシー・アレン、マーサ・レイと「息子の顔」のメアリー・ボーランド、「ハリウッド大通り」のマーシャ・ハント、「ローズ・ボール」のエリノア・ウィットニー、「コロナアド」のジョニー・ダウンス等が共演する映画で、「むすめ結婚症」のJ・P・マッケヴォイ、「親分はお人好し」のハーラン・ウェイヤース及びジェイ・ガーニーが協力して脚本を書卸し、「ローマ太平記」「今宵は二人で」のフランク・タトルが監督に当たり、「一九三七年の大放送」のテオドル・スパークールと「シャムパン・ワルツ」のウィリアム・C・メラーとが共同撮影した。

「青春ホテル」のストーリー

シルヴィアはカサ・デルマー、ホテルの娘だが、父親が事業に失敗したので、バウスターという男と二人で何とか債権者の手を逃れて、ホテルを盛り立てたいと願っていた。ちょうど幸いホテルの抵当権を持っているカローラという金持ちの婦人が、優性学に興味を持ちハーキュリス教授に勧められるままに、このホテルを取り上げて優性学的に若者たちをけっこさせるための実験室にしようとしていることを知ったので、バウスターはここに一策を案じて全国各地から体格の立派な青年男女を集めて試験材料に提供しようとカローラに申し出た。カローラはこの計画を大いに喜んで費用を出してくれた。胸に一物のバウスターは、実はその金で遊芸に秀でた連中を集めホテルで演芸大会を催して客を集めホテルの危機を救おうと思ったのである。カローラにはギリシャの野外劇をやるんだと偽って舞台稽古を続けていたが、ハーキュリス教授の娘カライオピーの霊感で、集った男女を優性学的に結びつけるということになったので、集った連中は初めて事情を知りバウスターの虚言を怒ったが、結局この際バウスターの計画を勘付いたカローラやハーキュリスに何とか邪魔されないようにして、演芸大会を催しシルヴィアの危機を救おうということになった。一同は奇智を以てカローラたちを地下室に監禁し、無事盛大な演芸大会を開催することができた。これが非常な成功で、ホテルは賑わい、シルヴィアは再び幸福になったのである。

「青春ホテル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「青春ホテル」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「青春ホテル」のみんなのレビュー

「青春ホテル」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/9

木梨憲武(1962)

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

ライダーたちが時空を超えて戦いを繰り広げる特撮TV『仮面ライダージオウ』の劇場版。50年後に自分が世界を支配する魔王オーマジオウとなることを知った常磐ソウゴ。ついにその時がきたが、歴史の管理者クォーツァーが現れ、王誕生に隠された陰謀が明らかになる。奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐らレギュラー陣に加え、ダンス&ボーカルグループのDA PUMP、「旅猫リポート」の前野朋哉、「覚悟はいいかそこの女子。」の若林時英らがゲストキャストとして参加。同時上映は「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」。

いぬやしき

「GANTZ」の佐藤信介監督が、同作の原作者・奥浩哉の漫画を木梨憲武×佐藤健主演で実写化。謎の事故に巻き込まれ、超人的な能力を得た初老のサラリーマン犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓。犬屋敷は人を助けることに奔走する一方、獅子神は悪事に手を染めていき……。共演は「鋼の錬金術師」の本郷奏多、「リバーズ・エッジ」の二階堂ふみ、「グッモーエビアン!」の三吉彩花、「もういちど」の福崎那由他、「愚行録」の濱田マリ、「三度目の殺人」の斉藤由貴、「新宿スワン」シリーズの伊勢谷友介。脚本を「映画 ビリギャル」の橋本裕志、音楽を「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」のやまだ豊が務める。
千葉雄大(1989)

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

恋人がスマートフォンを落としたのを契機に過去を暴かれ命を狙われるミステリー「スマホを落としただけなのに」の続編。連続殺人事件から数ヶ月後、同じ現場から次々と若い女性の遺体が見つかり、刑事の加賀谷は先の事件で逮捕した浦野に捜査協力を依頼する。前作に引き続き「リング」の中田秀夫がメガホンを取り、刑事・加賀谷役の千葉雄大、連続殺人鬼・浦野役の成田凌が続投。謎の男から狙われる加賀谷の恋人・美乃里を乃木坂46の白石麻衣が演じる。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。

NEW今日命日の映画人 3/9

該当する人物がいません