青春の光と影

せいしゅんのひかりとかげ
上映日
1969年7月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ビル・E・ケリーとホール・バートレットのオリジナル・シナリオをホール・バートレットが監督した青春もの。撮影はリチャード・ムーア、音楽はティム・バックレー。出演は新人ケント・レイン、「エル・ドラド」のミシェル・ケーリー、「主題はバラだった」(日本未公開)でアカデミー助演男優賞を得たジャック・アルバートソンなど。

「青春の光と影」のストーリー

たった一言いい足りなかったばかりに恋人ボビーを波間に失ったケント(ケント・レイン)の心には、何もかもが空しくみえた。大学の講義も、友だちたちも、文明の発展さえも。もっと世間を広く知るため、ケントはカリフォルニアを南へヒッチハイクの旅に出た。途中彼は同じように気ままな旅を続けるジャーナリストのクリスティンに出会った。教育について、宗教について、セックスについて若者にインタビューを求めて歩くクリスティンとの旅で、ケントは世間を見る新しい目を開かれたような気がした。クリスティンと別れ、ある港町に来たケントは、そこの盛場で2度の結婚に破れたあばずれ女ジュリーを知り、懸命に生きる彼女に激しくひかれた。が、未熟な若者と人生の裏を知っている女との恋の破局はすぐにきた。小雨が降る朝、ケントは、見知らぬ町で、見知らぬ人と、新しい話をするため出発した。傷ついた心は早く忘れよう。忘れようにも忘れられない傷の痛みは、青春のかけがえのない思い出--それがいつかは役に立つことになりそうだ。そんなことを考えながら行くケントの後姿に雨と、にぶい光が落ちていた。

「青春の光と影」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「青春の光と影」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1969年7月5日
製作会社 ホールメバートレット・フィルム
配給 松竹映配
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「青春の光と影」のみんなのレビュー

「青春の光と影」のレビューを書く

「青春の光と影」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。

「青春の光と影」を観ているあなたにおすすめの映画