青春来る(1931)

せいしゅんきたる
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「凸凹海軍の巻」「令嬢暴力団」の原作者ジョージ・マリオン・ジュニアが、モーリス・ベデル作の小説「モリノフ」からモティフを借りてストーリーを組み立て、「凸凹海軍の巻」「令嬢暴力団」の脚色者マリオン・ディックスが脚本にまとめ上げ、「青春倶楽部(1930)」と同じくロイド・コリガン、ノーマン・Z・マクロード両氏が共同監督した映画である。主演者は「青春倶楽部(1930)」「令嬢暴力団」のチャールズ・バディー・ロジャースで、助演者は「パリ選手」「若き翼」のスチュアート・アーウィン、「巴里選手」に抜擢されたフランセス・ディー、ウィリアム・オースティン、マチルド・コモン、ベティー・ボイド、イヴリン・ホールなど。撮影は「放浪の王者(1930)」「令嬢暴力団」のヘンリー・ジェラードが担任である。

「青春来る(1931)」のストーリー

騎手のラリーと調馬師のアンブローズはアメリカから馬を連れて英国に渡り、競馬でひと儲けをもくろんだが目算がらりと外れて文なしになり、馬を売り却したがおっつかず、遂にラリーはロンドンのある服屋のマネキン・ボーイに、アンブローズは同じ店のサンドウィッチマンに雇われて糊口を凌がなければならなかった。ある日ラリーは貧乏貴族の娘エリノアに逢い、一目で彼女が好きになったが、彼女も彼を相当裕福な紳士だとばかり思い込んでしまった。服屋を首になったラリーは間もなくロームシャーに最近邸を買ったばかりの南米の富豪コルテス家の料理人頭に雇われ、アンブローズは彼の下働きになった。エリノアは伯母や従兄や従姉達と一緒にコルテス家の近所に住でいたので、ラリーはエリノアを訪れたが、エリノアの伯母は彼を不良扱いにして追い出してしまった。コルテス氏はラリーを雇い入れると間もなく商用で旅行したが、留守中にラリーはコルテス夫人に取り入り夫人を説きつけて自分の馬を買い戻し、これで競馬に出場することになった。いよいよ競馬の日にラリーは前祝いをするために近所の貴族達を大勢朝食に呼んだ。エリノアもむろん招待された彼女はラリーの素性も知らずコルテス家の主人だと思い込んでいた。ちょうどその折りこの家の主人コルテスがひょっくり帰宅してこの有り様を見て立腹し、即刻ラリーに解雇を申し渡した。そこでラリーはお客の前で初めて自分の素性を明し、ローシャムーから去ろうと決心したが、一方コルテス夫人はじめ、来客から召使いまでラリーの馬にかけているので、コルテス氏を宥めて、ラリーに停まって競馬に出場してもらった。エリノアはラリーが素性を打ち明けると同時にどこかへ姿を隠したが、これはラリーと一緒にロームシャーを去る決心をして、停車場へ先回りしてラリーを待っていたことが知れた。ラリーも彼女から話を聞いて勇気百倍し、競馬に出場して見事に一着を占め、巨額の賞金を得、永久にエリノアの愛を独占することが出来た。

「青春来る(1931)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「青春来る(1931)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング

「青春来る(1931)」のみんなのレビュー

「青春来る(1931)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません


「青春来る(1931)」を観ているあなたにおすすめの映画