嵐(1930)

あらし
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「砂漠の生霊」「恋のからくり」と同じくウィリアム・ワイラーの監督作品で、出演は「激流恋をのせて」「心の歌」のルーペ・ヴェレスをはじめ「スポイラース(1930)」のウィリアム・ボイド、ポール・カヴァナー、アルフォンズ・エティエ、アーニー・S・アダムスなどの舞台出の面々。ラングドン・マコーミックの原作から「假の塒」「ドレーク事件」のチャールズ・ローグが脚色し、ウェルズ・ルートが台詞をつけ、セシル・B・デミル監督組だったアルヴィン・ワイコフが撮影に当たったものである。

みんなのレビュー

「嵐(1930)」のレビューを書く

「嵐(1930)」のストーリー

冬近い西部カナダのある集落。バー・ウィントン(ウィリアム・ボイド)は賭金5000ドルを日没まで調達出来ない場合には、自分の鉱山を手放さなければならない破目に陥っていた。この時、従軍時代の古い友達デーヴ・スチュワート(ポール・カヴァナー)が、都会から現金を揃えて彼を救いにやって来た。バーの窮境はかくて救われ、彼はデーヴの昔と変らぬ温かい友情に感謝した。そして2人の共同生活が始められた。ジャック・ファシャール(アルフォンズ・エティエ)は密輸入のかどで深林警察官に捕えられんとし、娘のマネット(ルーペ・ヴェレス)の機転で一旦は逃れたが、バーとデーヴの小屋に辿りついた時は大怪我を負っていて、間もなく息絶えた。父に先立たれ、ひとりぼっちとなったマネットは、デーヴたちの小屋に暮らすことになった。バーとデーヴの屈強な若者と、美しいマネットの生活に、当然三角関係が生まれる。朴訥で粗野な性格から異性に対して不慣れなバー、これに反して都育ちの女ずれしたデーヴ。親しい彼らの間にも、恋のために激しい反目が刻々に色濃くなってゆくのであった。そしてある嵐の夜、ついにこの三角関係の均衡は破れてしまった。マネットの寝室における烈しい格闘の後、デーヴはバーに組み敷かれた。その瞬間、マネットはバーに、デーヴの命乞いをする。彼女の言葉を聞いたバーの心に、正しい意識が蘇った。マネットの心を知った彼は潔く自分の愛を犠牲にしようと決心し、山谷を吹き荒れている吹雪の戸外に出て行った。マネット自身にも、初めて力強い異性への愛着がこの時起こった。それは、バーの男性的な行為から喚び起されたものである。彼女の苦悩を知ったデーヴは奮然と立ち、吹雪の山道にバーの跡を追った。そして嵐と雪崩のために危地にあるバーを救って、デーヴはマネットの元にバーを連れて戻って来た。やがて嵐が静まって朗らかな朝が訪れた時、デーヴは愛する2人の幸福を祈りながら、春まだ浅い森の路を都へ去って行くのだった。

「嵐(1930)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「嵐(1930)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 大日本ユニヴァーサル社輸入
レイティング

「嵐(1930)」のみんなのレビュー

「嵐(1930)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません