セールスマンの死(1951)

せーるすまんのし
上映日
1952年11月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「真昼の決闘」のスタンリー・クレイマーがコロムビアと提携して製作した第1回作品で、アーサー・ミラー原作(1949年発表)のピューリッツア賞受賞戯曲を、スタンリー・ロバーツが脚色し、クレイマーに抜擢された新進ラスロ・ベネデクが監督に当たった。撮影は「青いヴェール」のフランク・F・プラナー、作曲は「欲望という名の電車」のアレックス・ノースの担当。主演は「我等の生涯の最良の年」のフレドリック・マーチで、助演は舞台と同じくミルドレッド・ダンノック「我が心の呼ぶ声」、ケヴィン・マッカーシー、キャメロン・ミッチェル、ハーワード・スミス、それにロイヤル・ビール、ドン・キーファーらである。

「セールスマンの死(1951)」のストーリー

ウィリィ・ローマン(フレドリック・マーチ)は63歳になるセールスマンだったが、既に生活の気力は尽き果てて、ただ過去の幻影と、自分を人並以上の人間だとする妄想の中だけに生きていた。やさしい妻(ミルドレッド・ダンノック)と、一人前の息子2人を持ってはいたが、長男のビフ(ケヴィン・マッカーシー)は定職にもつかぬ放浪者で、父に対して心に深いわだかまりを持っていたし、次男のハッピィ(キャメロン・ミッチェル)は、女にしか関心のない青年であった。長い西部の旅から帰ってきたビフは、弱り果てた父の姿を見、弟と共同で運動具店を始めようと計画、元の雇主に金を借りに行くことに決まった。ウィリィも妻にすすめられて、会社へ内勤を頼みに出かけたが、社の幹部は却ってすげなく彼に解雇を申し渡した。旧友のチャーリィから、自己に対する過信を戒められたウィリィは、その夜失意を押し隠して、息子たちの待つレストランへ出かけた。が、そこで彼が聞いたのは、借金を頼みに行ったビフが、そっけない扱いをされた腹いせに、万年筆を盗んで逃げてきたという事実であった。絶望に打ちのめされたウィリィは、かつてビフが18歳のとき、ボストンへ父を訪ねて、情婦と共にいるウィリィを発見したことを苦く思い出していた。それ以来、この長男は彼からそむいたのであった。過去の回想から醒めたウィリィが席へ戻ると、2人の息子は既に女と外へ出てしまっていた。深夜、別々に家に帰り着いた父子は、母を間にはさんで烈しい喧嘩を起こした。しかし、この時ウィリィは長男よりもむしろ、自分の方が彼に対して深い溝を掘っていたことに気付いた。寝るふりをしたウィリィは、深夜の街に車を駆った。今や彼の偉大さを証明するものは、彼の死――2万ドルの生命保険と、それに伴う世人の哀悼しかなかった。葬式の日、ウィリィの墓に集まったのは、妻と2人の息子と、隣人のチャーリーだけであった。妻は、この日やっと家の月賦が満期になったことを告げながら、夫の死がまるで出張程度にしか感じられない、セールスマン稼業のはかなさに泣いた。

「セールスマンの死(1951)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「セールスマンの死(1951)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1951
公開年月日 1952年11月29日
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア日本支社
レイティング

「セールスマンの死(1951)」のみんなのレビュー

「セールスマンの死(1951)」のレビューを書く

「セールスマンの死(1951)」の多彩なBlu-ray/DVD