接吻売ります

せっぷんうります
製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「恋の十日間」のシャーリー・テンプルが主演する映画で、「再会(1944)」のF・ヒュー・ハーバートが自作の喜劇を脚色し、「心の青春」「小牧師(1934)」のリチャード・ウォーレスが監督に当たり、チャールズ・ロートン・ジューニアが撮影を監督した。主役テンプルをめぐって、「再会(1944)」のジェローム・コートランド「スイング・ホテル」のウォルター・エイベル「町の人気者」のキャサリン・アレグザンダー「踊る結婚式」のロバート・ベンチリー「我が道を往く」のポーター・ホール、新顔のヴァジニァ・ウェルズ「恋の十日間」のトム・タリー等が出演している。1945年作品である。

「接吻売ります」のストーリー

コーリス・アーチャーは親友ミルドレッド・プリングルとともに赤十字バザーで品物を買った人に接吻をする。二人の母親たちはこれを見て怒り、コーリスの母はミルドレッドの母に、子供のしつけが悪いからだといったので口論となり、それが父親同志の喧嘩となり、両家は絶交してしまう。コーリスは隣家のデクスター・フランクリンと恋仲であり、彼はこの接吻事件を憤慨している。コーリスの兄で出征中のレニイが恩賜で帰り、恋仲のミルドレッドと秘密に結婚する。コーリスとミルドレッドは、親たちには隠れて交際を続けていた。ミルドレッドはレニイのたねを宿し、コーリスと二人で産婦人科医に診察してもらう。その時コーリスだけが近所の人に姿を見られた。そこでコーリスの家で一度晩食をごちそうになったイアハート二等兵がコーリスの男だろうといううわさが立つ、問い詰められたコーリスは、ミルドレッドとの結婚の件を、兄レニイに堅く口留めされているので自分は身ごもっており、子供が産まれたらデクスターと命名すると告げる。デクスターの両親は大いに怒ったが、コーリスはデクスターと結婚していると更に嘘をつく。デクスターの両親は調べて見ると、レニイとミルドレッドが結婚した記録を間違えてコーリスの言うことが本当だと思い込む。そこに海軍の従軍牧師になっているコーリスの伯父ジョージが来て、そんなら正式の結婚式をアーチャー家であげなければいけないといい出す。コーリスは窮地におちいるが折よく兄から電報がきて、ミルドレッドと結婚していること、ミルドレッドの産む子の父は自分であることが明らかになる。

「接吻売ります」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「接吻売ります」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1945
製作会社 コロムビア映画
レイティング

「接吻売ります」のみんなのレビュー

「接吻売ります」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「接吻売ります」を観ているあなたにおすすめの映画