セックスと嘘とビデオテープ

せっくすとうそとびでおてーぷ
上映日
1989年12月16日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

バトン・ルージュに住む夫婦と妻の妹、そして突然の訪問客である夫の友人の4人の姿を通して人間の真実の本質を描く89年カンヌ映画祭グランプリ作品。エグゼクティヴ・プロデューサーはナンシー・テネンボームとニック・ウェシュラー、モーガン・メイソン、製作はロバート・ニューマイヤーとジョン・ハーディ、監督・脚本・編集は本作品が長篇デビュー作になるスティーヴン・ソダーバーグ、撮影はウォルト・ロイド、音楽はクリフ・マルティネスが担当。出演はジェームズ・スペイダー(同映画祭主演男優賞)、アンディ・マクドウェルほか。

「セックスと嘘とビデオテープ」のストーリー

一見何の不自由もない幸せそうなカップル--夫のジョン(ピーター・ギャラガー)は大手法律事務所に勤める有能な弁護士、妻のアン(アンディ・マクドウェル)は夫の希望を受け入れ専業主婦に--しかしアンはかかりつけの精神科医(ロン・ヴォーター)に日常の些細な悩みを訴え、一方のジョンは貞淑すぎる妻とは正反対なアンの妹シンシア(ローラ・サン・ジャコモ)と秘かに肉体関係を結んでいた。そんなある日、ジョンの大学時代の友人グレアム(ジェームズ・スペイダー)が家を訪ねて来、アンは彼を親切に迎え入れるが、同時に彼の不思議な魅力を感じてもいた。翌日グレアムのアパート探しを手伝ったアンは、彼が不能であることを聞かされ驚くが、やがて彼の部屋にあるヴィデオ・テープを見つけ、その内容が自分のセックス観について語った女性たちをグレアム自身が撮ったものであることを知り、急に恐れを感じるのだった。そんな折シンシアがグレアムのヴィデオの前に立ち、初体験からジョンとの情事までを赤裸々に語った。後にその事を妹から聞かされたアンは、激しい嫌悪感と共に嫉妬を抱く。そして寝室でシンシアのイヤリングを見つけたことでジョンの浮気を確信したアンは、怒りをあらわにして家を飛び出していた。気がつくと彼女は、グレアムのヴィデオの前で告白を始めていた。家に帰ったアンは夫に離婚を切り出し、グレアムのヴィデオに出たことを告げた。怒ったジョンはグレアムのアパートに駆けつけ、彼を追い出して妻のヴィデオを見る。そしてその時初めて、アンの真実の思い、またグレアムの変貌の理由を知るのだった。帰り際ジョンはグレアムに、彼の昔の恋人エリザベスと関係があったことを告げた。心の中で何かが弾けたグレアムは、ふっきれたかのように次々とヴィデオ・テープを壊し始めるのだった。数日後アンとグレアムは、2人で新たな生活を始めようとしていた……。

「セックスと嘘とビデオテープ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「セックスと嘘とビデオテープ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1989年12月16日
製作会社 アウトロー・プロ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「セックスと嘘とビデオテープ」のみんなのレビュー