雪靴の跡

ゆきぐつのあと
製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

チェスター・ベネットの監督製作したジェーン・ノヴァック主演映画で、「テルマ」「離婚」「子守唄(1924)」等の前に作られたものである。原作はエディソン・マーシャルの筆になり、これを「涙の街」等と同じくマリオン・フェアファックスが脚色した。ノヴァックの対手は「電波王」「享楽の夢」等主演のロイ・スチュアートで、その他「生に勝つ力」「彫刻家の妻」等出演のロイド・ウィトロック、「可愛い悪魔(1922 Badger)」「馬蹄千塵」等出演のハーバート・プライアー等が共演する。雪深き北国を背景のロマンスである。

「雪靴の跡」のストーリー

白皚々の極北の天地に、ビル・ブロンスンはヴァージニア・トレモントという美しい娘の案内者として、彼女及び彼女の後見人と共に雪の原野に、彼女のもと嫁いたるハロルド・ローンスベリーの行方を捜すことになった。後見人が殺された後、ビルとヴァージニアとは雪嵐のため山中に閉じ込められる。ここで彼等はハロルドにあったが、彼は原住民を妻として孤独な生活をしているのであった。ハロルドとビルを比較した時、ヴァージニアは、雄々しいビルにかえって愛着を覚えた。かくて2人は幸福な生活に入る。

「雪靴の跡」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「雪靴の跡」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1922
製作会社 エフ・ビー・オー映画
配給 スター社
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「雪靴の跡」のみんなのレビュー

「雪靴の跡」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?