スペースボール

すぺーすぼーる
上映日
1988年6月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

宇宙の平和を乱す帝国に立ち向かう流れ者の活躍を描く「スター・ウォーズ」のパロディ版コメディ。製作・監督・脚本・出演は「珍説世界史PARTI」のメル・ブルックス、共同脚本はトーマス・ミーハンとロニー・グラハム、製作補はエズラ・スワードロウ、撮影はニック・マクリーン、音楽はジョン・モリスが担当。共演はジョン・キャンディ、リック・モラニスほか。

みんなのレビュー

「スペースボール」のストーリー

昔、昔、ワープした昔。遠い銀河系のかなたにスペースボール星人という恐ろしい宇宙人がいた--物語の第11章の字幕と共に、映画はスタート。自分の星の大気を使い果たしたスペースボール星のスクルーブ大統領(メル・ブルックス)以下悪しき指導者たちは、平和を愛する近くのドルイデア星から大気を奪おうと陰謀を画策。ヴェスパ姫(ダフニ・ズーニガ)を誘拐して、父親ローランド王(ディック・バン・パテン)を脅迫して、大気を奪うコード番号を聞き出そうと計画する。アクビ王子(ジム・J・ブロック)との結婚式からロボットのドット(ロレーン・ヤーネル)と共に逃げ出したヴェスパは、スクループの命令をうけたダーク・ヘルメット(リック・モラニス)にねらわれた。イーグル5号の船長ローン・スター(ビル・プルマン)は、半人半犬バーフ(ジョン・キャンディ)と共に、ピザ・ザ・ハットから借金をかえすようせめたてられている。そんな彼らにローランドは姫救出を依頼。ローン・スターらと姫はダーク・ヘルメットらの追跡をかわし、ベガ星に着陸。姫との間に愛もめばえたローン・スターは、寺院の中で聖者ヨーグルト(メル・ブルックス)に霊力を伝授される。だが、スペースボール星人の追撃はきびしく、彼らの宇宙船をトランスフォーマー(変身巨大ロボ)にして戦ったりするが、ローン・スターらの活躍で、宇宙に平和はもどる。かくて、ローン・スターと姫はドルイデア星で結婚式をあげるのだった。

「スペースボール」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スペースボール」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1987
公開年月日 1988年6月11日
製作会社 ブルックス・フィルムズ作品
配給 MGM映画=UIP
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「スペースボール」のみんなのレビュー