スペースハンター

すぺーすはんたー
上映日
1985年4月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

行方不明になったスペース・トラヴェラー救出のため禁断の惑星へ向かう賞金稼ぎを描くSF映画。製作はドン・カーモディ、ジョン・ダニング、アンドレ・リンク。エグゼクティヴ・プロデューサーはアイヴァン・ライトマン。監督は「ワン・オン・ワン」(77)のラモント・ジョンソン。スチュアート・ハーディングとジーン・ラフラーの原案に基づきエディス・レイ、デイヴィッド・プレストン、ダン・ゴールドバーグ、レン・ブラムが脚本を書いた。撮影はフランク・ティディ、音楽はエルマー・バーンスタインが担当。特殊効果はファンタシーIIフィルム・イフェクツが製作。アメリカ・カナダでは3D映画として上映された。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は野中重雄。カラー、ビスタサイズ。1983年作品。

「スペースハンター」のストーリー

西暦2136年、疫病に冒された禁断の惑星テラ・イレヴンで、3人の女性トラヴェラーが行方不明になる。スペース・ハンターのキャプテン・ウルフ(ピーター・ストラウス)は、3人を救出すれば賞金3000メガ・クレジットが出ると聞きテラ・イレヴンに向かった。彼と女性のロボットのチャルマース(アンドレア・マルコヴィッチ)は、荒野を巨大な帆船列車が走るのを目撃。そこへ敵が攻めてきた。帆船列車側の形勢悪しと見たウルフが加勢したが、3人のトラヴェラーはさらわれ、チャルマースも破壊されてしまった。帆船列車に乗っていたのは医学救助隊のなれの果てであった。疫病に侵触されたこの星は奇形人間がうようよおり、なかでもオーヴァードッグ(マイケル・アイアンサイド)は絶大な権力を握っていた。ウルフはオーヴァードッグの所へ向かう。途中でニキ(モリー・リングウォルド)という少女が加わった。彼女の両親はオーヴァードッグに殺され、復讐を誓っていたのだ。彼女に案内され、ウルフはオーヴァードッグが支配する禁断ゾーン<グレーヴヤード・シティ>に向かった。2人にウルフの古い知り合いワシントン(アーニー・ハドソン)、帆船列車から派遣されたパターソン(ビーソン・キャロル)も加わる。グレーヴヤード・シティに侵入し、3人の女性トラヴェラーを苦労の末に救出するが、ニキがオーヴアードッグにつかえる邪悪な科学者ケミスト(ラント・アリアナック)につかまり、オーヴァードッグの人身御供にされそうになる。ウルフが危険を省りみず、救出に向かい、苦闘の末救出に見事に成功。ウルフとニキは愛し合っていることを互いに確め、一緒に宇宙へ飛び立っていく。(コロムビア映画*1時間30分)

「スペースハンター」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スペースハンター」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1985年4月20日
製作会社 コロムビア=ディフィ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「スペースハンター」のみんなのレビュー

「スペースハンター」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません