スペースハンター

すぺーすはんたー
上映日
1985年4月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

行方不明になったスペース・トラヴェラー救出のため禁断の惑星へ向かう賞金稼ぎを描くSF映画。製作はドン・カーモディ、ジョン・ダニング、アンドレ・リンク。エグゼクティヴ・プロデューサーはアイヴァン・ライトマン。監督は「ワン・オン・ワン」(77)のラモント・ジョンソン。スチュアート・ハーディングとジーン・ラフラーの原案に基づきエディス・レイ、デイヴィッド・プレストン、ダン・ゴールドバーグ、レン・ブラムが脚本を書いた。撮影はフランク・ティディ、音楽はエルマー・バーンスタインが担当。特殊効果はファンタシーIIフィルム・イフェクツが製作。アメリカ・カナダでは3D映画として上映された。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は野中重雄。カラー、ビスタサイズ。1983年作品。

「スペースハンター」のストーリー

西暦2136年、疫病に冒された禁断の惑星テラ・イレヴンで、3人の女性トラヴェラーが行方不明になる。スペース・ハンターのキャプテン・ウルフ(ピーター・ストラウス)は、3人を救出すれば賞金3000メガ・クレジットが出ると聞きテラ・イレヴンに向かった。彼と女性のロボットのチャルマース(アンドレア・マルコヴィッチ)は、荒野を巨大な帆船列車が走るのを目撃。そこへ敵が攻めてきた。帆船列車側の形勢悪しと見たウルフが加勢したが、3人のトラヴェラーはさらわれ、チャルマースも破壊されてしまった。帆船列車に乗っていたのは医学救助隊のなれの果てであった。疫病に侵触されたこの星は奇形人間がうようよおり、なかでもオーヴァードッグ(マイケル・アイアンサイド)は絶大な権力を握っていた。ウルフはオーヴァードッグの所へ向かう。途中でニキ(モリー・リングウォルド)という少女が加わった。彼女の両親はオーヴァードッグに殺され、復讐を誓っていたのだ。彼女に案内され、ウルフはオーヴァードッグが支配する禁断ゾーン<グレーヴヤード・シティ>に向かった。2人にウルフの古い知り合いワシントン(アーニー・ハドソン)、帆船列車から派遣されたパターソン(ビーソン・キャロル)も加わる。グレーヴヤード・シティに侵入し、3人の女性トラヴェラーを苦労の末に救出するが、ニキがオーヴアードッグにつかえる邪悪な科学者ケミスト(ラント・アリアナック)につかまり、オーヴァードッグの人身御供にされそうになる。ウルフが危険を省りみず、救出に向かい、苦闘の末救出に見事に成功。ウルフとニキは愛し合っていることを互いに確め、一緒に宇宙へ飛び立っていく。(コロムビア映画*1時間30分)

「スペースハンター」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スペースハンター」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1985年4月20日
製作会社 コロムビア=ディフィ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「スペースハンター」のみんなのレビュー

「スペースハンター」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません