スペース・サタン

すぺーすさたん
上映日
1980年10月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

太陽系第6惑星、土星の第3衛星“サターン3”の宇宙基地を舞台に、超性能メカニズムから発する新しい意志の完全なる支配の力と科学者との凄絶な闘いを描く。製作総指揮はロード・グレイドとマーティン・スターガー、製作・監督は「ブルックリン物語」のスタンリー・ドーネン。ジョン・バリーの原案を基にマーティン・エイミスが脚色。撮影はビリー・ウィリアムス、音楽はエルマー・バーンスタイン、特殊効果はコリン・チルヴァースが各々担当。出演はカーク・ダグラス、ファラ・フォーセット、ハーヴェイ・カイテルなど。日本語版監修は進藤光太。フジカラー、ビスタサイズ。1980年作品。

「スペース・サタン」のストーリー

太陽系第6惑星、土星の3番目の衛星“サターン3”に人類が建設したステーション、タイタン。そこで科学者アダム(カーク・ダグラス)と恋人の女性科学者アレックス(ファラ・フォーセット)が、食糧問題を解決する目的の研究を進めていた。ある日、宇宙空母ジュピターからスペース・シャトルに乗ってキャプテン・ジェームズ(ハーヴェイ・カイテル)と名のる1人の男がやって来た。しかし、彼は、実はミッション・コントロールから要注意人物として手配されている問題人物だった。ジェームズは、サターン3が土星食に入り、22日間他惑星と交信が不通になるのを知ってタイタン基地を支配しにやって来たのだった。そうとは知らないアダムとアレックスは、ジェームズを歓迎するが、ジェームズは、2人の前に、開発されたばかりだという“バイオノイド”を披露した。やがて完成した“バイオノイド”ヘクターは、驚異的な早さで進歩を見せ、アダムを相手にチェスをするまでになる。ジェームズは自分に取りつけられた注入孔に探針を差し込み、思考プログラムをヘクターに注入し、操作した。しかし、そのヘクターが独自に意志と感情を持ち始めていることに誰も気づく者はいなかった。ある日、アレックスの愛犬サリーがヘクターに八つ裂きにされた。ヘクターは、何とアレックスに愛情を抱いており、嫉妬からサリーを殺し、さらにはアレックスに欲情を抱いているジェームズに対しても敵対心を持っていた。遂にジェームズに攻撃をかけたヘクター。しかし、アダムの救援でヘクターを室内に閉じ込めることに成功した。そしてジェームズは、ヘクターを分解した。しかし、分解されたはずのヘクターには、まだ脳のコントロール部分が残っており、その夜、自らの体を自動遠隔装置を使って組み立て始めていた。一方、いやがるアレックスをアダムから引き離し、地球への帰還を実行しようとしていたジェームズの前に、ヘクターが立ちはだかり、ジェームズの体を解剖しはじめた。ヘクターに反撃するアダムとアレックスは、ヘクターを下水槽に沈めることに成功するが、コンピューター・ルームに戻った2人の前のビジュアル・ボードに、ジェームズの首をかぶり、基地内の機能を全て支配しているヘクターの姿を目にした。しばらくして目がさめたアダムは、自分の延髄にジェームズと同じように探針の注入孔が取り付けられているのを知って愕然とする。幸いアレックスは無事だった。アダムは。ヘクターと自爆することを決心した。ヘクターが勝ち誇ったように探針をアダムの注入孔に入れようとした瞬間、彼はヘクターにとびかかった。アレックスの目の前で、轟音と共にヘクターは砕け散った。そしてアダムも……。今、ジュピターの中にいるアレックスは、近づく地球を眺めながら、アダムとのサターン3での日々を想うのだった。(東宝東和配給*1時間29分)

「スペース・サタン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スペース・サタン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1980
公開年月日 1980年10月10日
製作会社 ITC作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「スペース・サタン」のみんなのレビュー

「スペース・サタン」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。

「スペース・サタン」を観ているあなたにおすすめの映画