スペースインベーダー

すぺーすいんべーだー
上映日
1986年7月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

密かに地底王国を作り地球を侵略しようと企む火星人たちから地球を守ろうとする少年デイヴィッドの活躍を描くSF映画。53年の「惑星アドベンチャー」のリメイク。製作はメナハム・ゴランとヨーラム・グローバス。監督は「スペースバンパイア」のトビー・フーパー。53年作のリチャード・ブレイクの脚本に基づいてダン・オバノンとドン・ジャコビーが脚本を占いた。撮影はダニエル・バール、音楽はクリストファー・ヤング、特殊効果はジョン・ダイクストラ、インベーダー・デザインはスタン・ウィンストンが担当。出演はカレン・ブラック、ハンター・カースンの母子、ティモシー・ボトムズ、53年作で主人公を演じたジミー・ハントなど。

「スペースインベーダー」のストーリー

カンザス・シティに住む11歳の少年デイヴィッド(ハンター・カースン)は、明け方、裏庭で奇妙な物音がするのを聞いて目をさました。カンザスの平野をおおうようにして空から巨大な宇宙船が近づくのを目撃したデイヴィッドは、両親を起こして見たことを告げるが、2人は相手にしない。朝になって、様子を見て来た父のジョージ(ティモシー・ボトムズ)は、戻って来て何事もなかったと言うが様子がおかしい。ふと見るとジョージの首の後ろに血の滲んだような傷あとがあった。翌日、学校から帰ったデイヴィッドは、母ヘレン(ラレイン・二ューマン)の首の後にも父と同じ傷あとがあるのに気付いた。どうも2人の様子が違う。やがて町の人達が理由もなしにやって来るが、彼らは皆、あの裏山へと出かけていった。ある日、父から学校に行くのを止められたデイヴィッドは、それを無視してスクール・バスに乗り込んだ。学校では、担任の科学の先生ミセス・マケルッチ(ルイーズ・フレッチャー)の首筋にも、あの奇妙な傷あとを、デイヴィッドは発見した。校医のリンダ(カレン・ブラック)だけは、まだ火星人の手中に落ちていないようだ。必死に事情を説明するデイヴィッド。彼は宇宙船をリンダに見せようと、裏山へ行った。そこには何もなくなっていたが、偶然、父が空軍基地の警備員2人に裏山に行くよう指示しているところを目撃する。木陰に隠れてデイヴィッドとリンダは、2人の警備員が巨大なうず巻きに呑み込まれ地面に吸い込まれてゆくのを見た。再び地上に現われた時、2人はあの傷をつけていた。火星人たちが自分たちの宇宙船を地中に隠して巨大な王国を作り地球人を意のままに繰ろうとしていることに気付いたデイヴィッドは、リンダと共にNASAに常駐するウィルソン将軍(ジェイムズ・カレン)を訪ねた。最初は子供の作り話だろうと信じなかったウィルソン将軍も、2人の熱意におされて例の丘へ調査員を向かわせた。戻って来た2人は何もなかったと言うが、彼らの首にも傷が発見された。そこには釘のようなものが打ちつけてあり、中枢機能を操作されていたのだ。その時、NASAを発進しようしていた宇宙船が爆破された。事の重大さを初めて知った将軍は遂に緊急発動ボタンを押した。地底王国へと続く洞窟の入口を爆破、火星人の巨大な宇宙船が姿を現わした。デイヴィッドとリンダもあわや首すじに針のようなものを打ち込まれる危機にみまわれるが、父からもらったコインを利用してレーザー光線で無事リンダと共に脱出。将軍らもかけつけ両親ももとに戻った。そして夢からさめた。と、再び宇宙船が近づくのが見えた。

「スペースインベーダー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スペースインベーダー」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1986年7月5日
製作会社 ゴラン=グローバス・プロ(キャノン・フィルム)作品
配給 日本ヘラルド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「スペースインベーダー」のみんなのレビュー

「スペースインベーダー」のレビューを書く

「スペースインベーダー」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません