スピード花嫁

すぴーどはなよめ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「特急20世紀」「恋と胃袋」のキャロル・ロンバードと「水兵がんばれ」「麦畑を荒らす者」のチェスター・モリスが主演する映画で、チャールズ・フランシス・コー作の短編をベラ・スペワックとサミュエル・スペワックが共同脚色し、「奇傑パンチョ」「旅客機の怪盗」のジャック・コンウェイが監督に当たり「宝島(1934)」「台風」のレイ・ジューンが撮影した。助演は「キャベツ畑のおばさん」のザス・ピッツ、「男の世界」のレオ・カリーロ、「死の本塁打」のナット・ペンドルトン、「三角の月」のサム・ハーディ、ウォルター・ウォーカー等である。

「スピード花嫁」のストーリー

「坊や、即ちオフィス・ボーイ」のあだ名の彼はギャング団の親分シューツ・マギツの用心棒と兼会計係として働き給料をためて車庫を買い、泥水稼業から足を洗う目的で神妙に勤めていた。シューツはメリイという踊り子にゾッこん惚れ込んで、彼女のの言うままに結婚した。「坊や」はメリイが金が目当てで親分と結婚して何のかのと親分の金を誤魔化して着服して居ることを知っているので事々にメリイをたしなめ2人は犬猿の仲だった。シューツの両腕といわれる子分のディングルとミッキイはいずれもメリイに気があったが、腹黒いディングルは一歩先に親分を謀殺し、メリイを横取りせんと企てた。非業の死を遂げたシューツには一文の遺産もないどころかメリイの名で銀行に預けた金まで債権者に差し押さえられている事を知ったメリイは自棄から誰でも彼女に「財産」をくれる男となら結婚すると約束した。そこでディングルとミッキイとの間に恐ろしい争闘が始まり共謀してある政治家から強奪した金をミッキイはついにディングルを殺して奪い取り、メリイに結婚の約束履行を迫った。この時メリイは「坊や」の真情に絆されて恋に落ちていたのでミッキイをだまし金を貰って今は気質のガレーヂ商売をやっている「坊や」の所へ逃げてきた。「坊や」は彼女の不心得を責めたのでメリイ はその金を以て目抜きの大通りで見知らぬ人達に全部その金をばら蒔いてしまった。お尋ね者のキッキイはメリイを取り戻す為に「坊や」の許へ来て「坊や」に重傷を負わしメリイと共に捕らえられた。メリイは無罪となった。しかしミッキイから貰った金を被害者に返す為には「坊や」の車庫まで抵当に入れねばならなかった。

「スピード花嫁」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スピード花嫁」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 M.G.M映画
レイティング

「スピード花嫁」のみんなのレビュー

「スピード花嫁」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。