スピード王(1950)

すぴーどおう
上映日
1951年9月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「仔鹿物語」「緑園の天使」のクラレンス・ブラウンが製作並びに監督に当った1950年作品。脚本は「謎の下宿人」のバリー・リンドンとマージ・デッカーの書き下ろし。撮影は「夢みる少女」のハロルド・ロッソン、音楽は「暴力行為」のブロニスロウ・ケエパアの担当。主演は「帰郷(1948)」のクラーク・ゲーブルと「群衆」のバーバラ・スタンウィックで、「晴れて今宵は」のアドルフ・メンジュウ、「海の呼ぶ声」のウィル・ギア、「凸凹殺人ホテル」のローランド・ウィンタース、その他リラ・ブリッス、エモリー・パーネル、フランク・ジェンクス、ヘレン・スプリングらが助演する。

「スピード王(1950)」のストーリー

新聞・ラジオで大胆なすっぱ抜きをして多数の愛読者を持つ米国一流の女評論家レジィナ・フォブス(バーバラ・スタンウィック)は、自動車競争のヴェテラン選手マイク・ブラナン(クラーク・ゲイブル)がいつも強引な運転をし、今日のレースでも、その為に命を落とした選手が出たことを目撃して、彼の反スポーツマンシップを面罵と、自分の論説で彼を鋭く非難した。そのためマイクはどのレースからもシャットアウトを食い、遂に金を拵えて出直すために曲芸団に入り、危険な芸当を演じた。レジィナとマイクはこうしてことごとく反発していたが、いつしかお互いに愛情を感じているのだった。マイクは金を得ると新車を買い、レースに出場して第2位に入賞し、その夜レジィナとの逢瀬を楽しみ、2人はいっそう愛し合うようになった。招魂祭のインディアナポリスのレースも近づいたある日、レジィナが論説で非難した悪徳保険屋が自殺したと聞き、彼女は自分が殺したような気がすると打ちしおれ、近づくレースにマイクもまた人を殺すのではないかと不安に襲われるのだった。しかし、そのレースでマイクは、見事なスポーツマンシップを発揮してほかの選手のために自分は負傷した。病院のベッドに横たわるマイクの元を訪れたレジィナ。いまや2人の愛には何のわだかまりもなかった。

「スピード王(1950)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スピード王(1950)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1950
公開年月日 1951年9月11日
製作会社 M・G・M映画
配給 セントラル
レイティング

「スピード王(1950)」のみんなのレビュー

「スピード王(1950)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?


「スピード王(1950)」を観ているあなたにおすすめの映画