アメリカン・ハート

あめりかんはーと
上映日
1992年12月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

前科者の父親と、その息子の絆を描く。監督・原案は「子供たちをよろしく」のマーティン・ベル、製作は主演のジェフ・ブリッジスとロジリン・ヘラーとニール・コーニグスバーグ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「アフター・ダーク」のケアリー・ブロカウ、脚本・原案はピーター・シルバーマン、撮影はジェームズ・R・バグドナス、音楽は「サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方」のジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。

「アメリカン・ハート」のストーリー

仮釈放で刑務所を出たジャック(ジェフ・ブリッジス)を15歳になる息子ニック(エドワード・ファーロング)が迎えに来るが、ジャックは妹の農場へ追い返そうとする。しかし、ニックは、そばを離れようとしない。シアトルに着いたジャックは昔の仲間レイニー(ドン・ハーヴェイ)から盗みの分け前を手に入れる。保護司の斡旋で窓拭きの仕事に就いたジャックはアパートを借り、ニックとの新しい生活が始まった。ニックは学校へ転入手続きに行くが、書類の不備で入学を断られてしまう。ジャックは受刑中に、『アメリカン・ハート』という文通雑誌で知り合ったシャーロット(ルシンダ・ジェニー)と会い、お互いに愛情を感じ始める。ニックは同じアパートに住むモリー(トレーシー・カピスキー)やストリート・キッズたちと出歩くようになり、自分と似た環境に育ったモリーにニックは淡い恋心を抱きはじめる。ジャックを仲間に引き込もうと企むレイニーは、ジャックの留守中に、アラスカへ行って人生をやり直すために貯めた金を盗み出す。ジャックと言い争い家を飛び出したニックは、廃屋に住み、レイニーの盗みに手を貸すようになる。ある日、仲間のロリーと郊外の家に盗みに入るが、家の主人が帰宅し、ロリーと主人が争い銃が暴発してロリーが死ぬ。ニックは廃屋へ逃げ帰るが、そこにはジャックが待っていた。アラスカ行きのフェリーで待つように言ったジャックは、レイニーから金を取り戻し、ニックの待つフェリー乗り場へ急ぐが、追って来たレイニーに撃たれる。夕焼けの海へ出航したフェリーの上で、ニックは瀕死のジャックを見つける。独りになっても強く生きることを諭しながら、ニックに抱かれてジャックは息を引きとるのだった。

「アメリカン・ハート」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アメリカン・ハート」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1992年12月19日
製作会社 ワールド・フィルムズ作品
配給 東京テアトル=アスミック
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「アメリカン・ハート」のみんなのレビュー

「アメリカン・ハート」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません