スヌーピーとチャーリー

すぬーぴーとちゃーりー
上映日
1972年9月23日

製作国
アメリカ

上映時間
86分

ジャンル
ファミリー

ここが見どころ

チャーリー・ブラウン、ルーシー、ライナス、スヌーピー、サリー、ビッグ・ペンの愉快な仲間がくりひろげるアニメーシヨン、”チヤーリー・プラウン”シリーズ第一作。製作はリー・メンデルソンとビル・メレンデス。原作・脚本はチャールズ・M・シュルツ、監督は製作も兼ているビル・メレンデス、音楽はヴィンス・グァラルディ、主題曲の作詞、作曲はロッド・マッケンが各々担当。

「スヌーピーとチャーリー」のストーリー

タンポポの咲く広い野原で野球をするチャーリーと仲間たち。ライナス、ルーシー、シュレーダー、みんなこの時ばかりははしゃいでいる。ゲーム開始前には国歌の演奏。スヌーピーは手廻しよくステレオを運ぶが、せっかくのおぜんだても空しく今日も負けた。「また今年最初のゲームは負けた。毎年最初のゲームに負けて、最後にも負ける。その間にも負ける…。つまりは負けっぱなしだ。ああ、勝ってみたい」「どうしてぼくは勝てないんだろう」。朝がきて、今日もまた学校へ。チャーリーは道でライナスに会った。赤ちゃんみたいに、汚ない毛布が手放せない彼。ついでにイヤな女の子たちにもあった。「ねえチャーリー、あんたスペル・ゲームにでてみたら?」とルーシー。ほかの女の子たちはドッと笑いころげた。それでもライナスのすすめで出場する決心をする。ところが意外にもチャーリーは勝ら進み、とうとうクラスNo.1になり、続いて学校No.1。ああ、勝つってなんて気持がいいんだろう。ゆったりとくつろいでこの幸せをかみしめたい。でもいいコトっていうのは、そう長くは続かない。「チャーリーあなた全国大会にでなくちゃ、私がマネージャーになってあげる」。仲間の見送りをうけて全国大会に出場!ライナスが命より大切な毛布を貸してくれた。チヤーリーが行ってしまった後、毛布のなくなったライナスは「ぼく苦しいよ…、あの毛布なしでは生きていけない。とり返してこよう…」。皮肉屋だが心はやさしいスヌーピー、「ぼくがついていってあげるから大丈夫」。こうしてライナスとスヌーピーは旅をしてチャーリーの泊っているホテルヘ。「毛布を返して」「知らないよ、図書館に忘れた、ぼく勉強中で忙がしいんだ…」。ライナスは毛布を探して、探して、街中探して…、やっぱりなかった。見つからないのも無理はない、チャーリーがゾーキンと間違えて靴を拭いていたのだ。「スペリング・ゲーム大会会場」。大きな会場には人がいっぱい。仲間たちはテレビで見守っているのだ。スヌーピーとライナスは一番前の席に。チャーリーは勝って、勝って…そして最後に負けた。もう学校なんかに行くものか。野球もしないよ、ゼッタイ。その日、チャーリーがいないチームは初めて勝った。ふて寝しているチャーリーの部屋にライナスがお見舞いにきた。そしてやっと気持も清々した。チャーリーはあたりまえの男の子、なにをやってもうまくいかないけれど、でも空に白い雲のある限り、君にスヌーピーがいる限り、世界はまだすてたもんじゃない、君は君、そのままでいいんだ……。

「スヌーピーとチャーリー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スヌーピーとチャーリー」のスペック

基本情報
ジャンル ファミリー
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1972年9月23日
上映時間 86分
製作会社 CCF作品
配給 東和
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「スヌーピーとチャーリー」のみんなのレビュー

「スヌーピーとチャーリー」のレビューを書く

「スヌーピーとチャーリー」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/2

ダン・バトラー(1954)

山猫は眠らない2 狙撃手の掟

「プラトーン」「メジャーリーグ」のトム・ベレンジャーが伝説のスナイパー、トーマス・ベケットを演じる「山猫は眠らない」の続篇。監督はシャープで重厚なアクションシーンには定評のあるクレイグ・R・バクスレー。製作総指揮は「カットスロート・ハイウェイ」「ヴァンパイア・ハンター」監督としても知られているJ・S・カードネ。また製作のキャロル・コッテンブルックは公私共にカードネのパートナーである。もう一人の製作者は「トゥルー・ブルー」「D.N.A」のスコット・アイビンダー。前作に引き続き音楽を担当するのが「沈黙の戦艦」「D.N.A」のゲイリー・チャン。脚本はハリウッドの新鋭ライターチームのロン・ミタ&ジム・マックレインで、アクション大作「S.W.A.T」でも共同脚本を手掛けている。

ザ・ファン

人気野球選手への過剰な思い入れのあまり、次々と異常な行動を重ねていく男の犯罪を描いたサイコ・スリラー。売れっ子サスペンス作家、ピーター・エイブラハムズ初の映画化で、彼の同名長編小説(邦訳・早川書房)を、米NBCの人気TVドラマシリース『チアーズ』のフォフ・サットンが脚色。監督には「クリムゾン・タイド」のトニー・スコットがあたり、撮影のダリウス・ウォルスキー、音楽のハンス・ジマーも同作に続いての参加。製作は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のウェンディ・ファイナーマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはビル・アンガー、ジェームズ・W・スコッチドポール、バリー・M・オズボーンの共同。美術はアイダ・ランダム、編集はクリスチャン・ワグナーとクレール・シンプソンの共同。服装の変化が犯人の心理の移り変わりを表しているという衣裳デザインは、「カジノ」に続いてデ・ニーロの衣裳を担当するリタ・ライアックと、ダニエル・オルランディ。また、連続出場の世界記録を達成した大リーガーのカル・リプケン・ジュニアがテクニカル・アドバイザーを務めたほか、95年までフィリーズで活躍したジョン・クラックが5番打者役で出場しているのをはじめ、プロ選手が多数出演しているのも話題に。主演は「カジノ」「ヒート」のロバート・デ・ニーロと「マネートレイン」のウェズリー・スナイプス。共演は「ボーイズ・ライフ」に続いてデ・ニーロと共演となるエレン・バーキン、「3人のエンジェル」のジョン・レグイザモ、「ユージュアル・サスペクツ」のベニチオ・デル・トロほか。
ニック・チョン(1964)

インビジブル・スパイ

潜入捜査を描く香港のTVドラマ『使徒行者』のスピンオフシリーズ第2弾。警部チェンと警視イップは、世界中の警察にスパイを送り込むテロ組織を追うジャーナリストを保護。捜査に乗り出したところ、警視ジェンが潜入捜査官だったチェンを疑い捜査権を奪う。『使徒行者』スピンオフシリーズ第1弾である「ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官」から続きジャズ・ブーン監督のもと、ルイス・クー、ニック・チョン、フランシス・ンらが集う。「インファナル・アフェア」シリーズを手がけたアンドリュー・ラウ監督がプロデューサーを、「ゴールデン・ジョブ」のチン・ガーロウがアクション監督を務めた。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハード・ナイト

「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリン監督が放つバイオレンス・アクション。クリスマス・イブの香港。謎の武装グループが遺体検死中の監察医を襲撃。外部と遮断された密閉空間の中、不可解な要求を突きつけられた監察医たちは、危険な心理戦を仕掛けていくが……。出演は「激戦 ハート・オブ・ファイト」のニック・チョン、『霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~』のヤン・ズー、「若葉のころ」のリッチー・レン。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。

「スヌーピーとチャーリー」を観ているあなたにおすすめの映画