ストーン・コールド(1991)

すとーんこーるど Stone Cold
上映日
1991年9月7日

製作国
アメリカ

上映時間
92分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

アウトロー刑事が凶悪な暴走族に潜入し、破滅させるまでを描くハード・アクション。脚本はウォルター・ドニガーが執筆。製作はヨーラン・ベン・アミ、監督はクレイグ・R・バクスリー、撮影はアレクサンダー・グルジンスキー、音楽はシルヴェスター・リーヴェイ、編集はマーク・ヘルフリック、美術はジョン・マンススリッジ、リチャード・ジョンソンが担当。出演はブライアン・ボズワース、ランス・ヘンリクセンなど。

「ストーン・コールド(1991)」のストーリー

冷酷なチェインズをリーダーとする暴走族は、聖職者や判事まで殺害する無法さで暴れ回っていた。停職中の刑事ジョー・ハフは囮捜査官に選ばれ、男ぶりを売り込んで暴走族の仲間に入った。しかし、麻薬を満載したトラックで彼らを罠にかける計画の途中で身分がばれてしまい、ジョーは捕まり、時限爆弾とともにヘリコプターで空へ連れ去られてしまう。一方、暴走族たちは捕まった仲間を助けるべくバイクで裁判所を襲撃。ヘリを脱出したジョーは修羅場と化した裁判所でついにチェインズを倒したのだった。

「ストーン・コールド(1991)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ストーン・コールド(1991)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991年9月7日
上映時間 92分
製作会社 メース・ニューフェルド/ヨーラン・ベン・アミ/ウォルター・ドニガー・プロ作品
配給 コロンビア トライスター
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「ストーン・コールド(1991)」のみんなのレビュー

「ストーン・コールド(1991)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。