ストーミー・ウェザー

すとーみーうぇざー
上映日
1988年12月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル

ここが見どころ

27年にわたるある男女の愛の行方を描くブラック・ミュージカル。製作はウィリアム・ルバロン、監督はアンドリュー・L・ストーン。ジェリー・ホーウィンとシーモア・B・ロビンソンの原作を基に、脚本はフレデリック・J・ジャクソンとテッド・コーラーの共同、脚色はH・S・クラフト、撮影はレオン・シャムロイ、音楽はエミール・ニューマンとベニー・カーターが担当。出演はリナ・ホーン、ビル・ロビンソンほか。

「ストーミー・ウェザー」のストーリー

17年、ヨーロッパ戦線に参加してフランスから帰国したばかりのビル・ウィリアムソン(ビル・ロビンソン)は、ナイトクラブで出会った戦友の妹セリーナ・ロジャース(レナ・ホーン)に恋をするが、一文無しの自分の身を考え、諦めてメンフィスでエイダ・ブラウンが経営しているカフェでウェイターとして働くことにした。そんなある夜、セリーナたちがシカゴのショウに向かうチック・ベイリー(ベイブ・ウォーレス)に連れられこのカフェにやって来、セリーナの勧めで彼はビルを雇うことにした。ところがシカゴのショウで、太鼓の上でタップを踊り人気を得たビルを面白くないチックは彼をクビにし、怒ったビルは彼を殴り、セリーナと共にニューヨークで自分たちのショウを開いた。さまざまな紆余曲折の末、成功を収めたビルはハリウッドで、ステージを捨てられないセリーナはパリで、それぞれ人気者になる。43年、キャブ・キャロウェイに誘われ、出征兵士の慰問のための壮行興行に出演したビルは、同じ出演者の中にセリーナの姿を見つける。お互いの愛を信じていた2人の間には、またも愛が再燃するのだった。

「ストーミー・ウェザー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ストーミー・ウェザー」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1943
公開年月日 1988年12月3日
製作会社 TCF作品
配給 ユーロスペース
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「ストーミー・ウェザー」のみんなのレビュー

「ストーミー・ウェザー」のレビューを書く

「ストーミー・ウェザー」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。