ステラ・ダラス(1925)

すてらだらす
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

原作はオリーヴ・ヒギンス・プラウティ夫人作の小説でかつて劇化されてレスリー・カーター夫人が演じて好評を博したものである。フランセス・マリオン女史が脚色し「ロモラ」「ホワイト・シスター(1923)」等と同じくヘンリー・キング氏が監督したもので、主役はかつてトライアングル社の専属女優だったベル・ベネット嬢が特に選ばれて演じ、「楽園の盗賊」等出演のロナルド・コールマン氏、「職業婦人」等出演のアリス・ジョイス嬢、「嘆きのピエロ」等出演のロイス・モーラン嬢、「ドン・Q」等出演のジーン・ハーショルト氏及びダグラス・フェアバンクス・ジュニアが共演する傑出した人間劇である。

「ステラ・ダラス(1925)」のストーリー

父が事業上の不正を働きそれを恥じて自殺したのでステフェン・ダラスは恋人ヘレンとの婚約を破って行方を晦ました。彼はその後ステラ・マーティンと結婚しやがて一女ローレルを設けた。財産と地位とを得てもステラは昔の友達特に調馬師エド・マンと親しんだ。夫ダラスはそれを嫌い別居を申し出て妻と娘を残してニューヨークにでた。ニューヨークで未亡人となったヘレンと再会し古い恋は蘇ったが、ステラが離婚を承知しないので如何することも出来なかった。ローレルは大学に入って夏休みにリチャード・グロヴスナーと恋に落ちた。しかし母ステラが衆人の嘲笑の的となったのを恥じ憤って彼らは帰った。帰途の寝台車中でステラは自分が母である限り娘は幸福になれないということを悟らねばならぬ様な会話を盛れ聞いた。そして離婚をし娘を新しいダラス夫人たるヘレンに預けることにした。しかし娘ローレルはステラ以外の女を母とすることは出来なかった。ステラは自殺を計ったがそれも果たさずエド・マンと結婚して娘を棄てる風を装った。母の堕落に失望したローレルは父とヘレンの許に帰った。リチャードとのロマンスは濃やかになり二人の結婚式は挙げられた。雨の中でステラは窓越しに娘の結婚式の様を飽かず眺め入った。

「ステラ・ダラス(1925)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ステラ・ダラス(1925)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
レイティング

「ステラ・ダラス(1925)」のみんなのレビュー

「ステラ・ダラス(1925)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません