ステラ・ダラス(1925)

すてらだらす
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

原作はオリーヴ・ヒギンス・プラウティ夫人作の小説でかつて劇化されてレスリー・カーター夫人が演じて好評を博したものである。フランセス・マリオン女史が脚色し「ロモラ」「ホワイト・シスター(1923)」等と同じくヘンリー・キング氏が監督したもので、主役はかつてトライアングル社の専属女優だったベル・ベネット嬢が特に選ばれて演じ、「楽園の盗賊」等出演のロナルド・コールマン氏、「職業婦人」等出演のアリス・ジョイス嬢、「嘆きのピエロ」等出演のロイス・モーラン嬢、「ドン・Q」等出演のジーン・ハーショルト氏及びダグラス・フェアバンクス・ジュニアが共演する傑出した人間劇である。

「ステラ・ダラス(1925)」のストーリー

父が事業上の不正を働きそれを恥じて自殺したのでステフェン・ダラスは恋人ヘレンとの婚約を破って行方を晦ました。彼はその後ステラ・マーティンと結婚しやがて一女ローレルを設けた。財産と地位とを得てもステラは昔の友達特に調馬師エド・マンと親しんだ。夫ダラスはそれを嫌い別居を申し出て妻と娘を残してニューヨークにでた。ニューヨークで未亡人となったヘレンと再会し古い恋は蘇ったが、ステラが離婚を承知しないので如何することも出来なかった。ローレルは大学に入って夏休みにリチャード・グロヴスナーと恋に落ちた。しかし母ステラが衆人の嘲笑の的となったのを恥じ憤って彼らは帰った。帰途の寝台車中でステラは自分が母である限り娘は幸福になれないということを悟らねばならぬ様な会話を盛れ聞いた。そして離婚をし娘を新しいダラス夫人たるヘレンに預けることにした。しかし娘ローレルはステラ以外の女を母とすることは出来なかった。ステラは自殺を計ったがそれも果たさずエド・マンと結婚して娘を棄てる風を装った。母の堕落に失望したローレルは父とヘレンの許に帰った。リチャードとのロマンスは濃やかになり二人の結婚式は挙げられた。雨の中でステラは窓越しに娘の結婚式の様を飽かず眺め入った。

「ステラ・ダラス(1925)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ステラ・ダラス(1925)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
レイティング

「ステラ・ダラス(1925)」のみんなのレビュー

「ステラ・ダラス(1925)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。