スター80

すたーえいてぃー
上映日
1984年4月28日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1980年の『プレイボーイ』誌のプレイメイト・オヴ・ザ・イヤーに選ばれた金髪グラマー女性ドロシー・ストラットンの衝撃的な死を基に、その死の真相を描く。製作はウォルフガング・グラッテスとケネス・アット、監督・脚本は「オール・ザット・ジャズ」のボブ・フォッシー、原作はテレサ・カーペンター、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はラルフ・バーンズ、編集はアラン・ハイムが担当。出演はマリエル・ヘミングウェイ、エリック・ロバーツ、クリフ・ロバートソン、キャロル・ベイカー、ロジャー・リースなど。パナビジョンで撮影。

「スター80」のストーリー

1979年、バンクーバー。ドロシー・ストラットン(マリエル・ヘミングウェイ)は、学生生活を終えて、デイリー・クインのカウンターで働く、平凡な女の子だった。ところが、そんな彼女に目をつけた男がいた。定職をもたず、自分の容貌のいいことを利用して女をひっかけるポール・シュナイダー(エリック・ロバーツ)だ。ドロシーも、シュナイダーの標的になったのだ。しかし、ポールは、ドロシーに対しては本気になった。ドロシーの母(キャロル・ベイカー)や弟妹たちに自分をきちっと紹介するドロシーのまじめさや彼女の天性の明るさが、暗い青春を過ごして来たポールにこれまでにない安らぎを与えていたのだ。そんな頃、以前にポールが送ったドロシーのポートレート写真が、『プレイボーイ』誌のオーナーであるヒュー・へフナー(クリフ・ロバートソン)氏の目にとまり、プレイメイトのテストを受けるように勧められた。そして彼女は1人ロスに出て、有名なプレイボーイ・マンションの一員となった。ポールは、すぐに後を追いドロシーにつきまとい、ついには結婚を迫った。純真なドロシーは、ヘフナー氏らの反対を押し切って結婚した。ドロシーの稼ぎがいいことにベンツを乗り回し、プレイボーイ・マンションに出入りし、他のプレイメートたちにもチョッカイを出すことに欲を出すポール。しかし、ポールの出すぎた態度は周囲のひんしゅくを買った。そして、それは、ドロシーの目にも良くは映らなかった。有名な監督アラム(ロジャー・リース)や脚本家たちと接する毎日は、ポールからは得られない精神的にも満足のゆくものだった。ポールの嫉妬心は深まっていった。ポールとアラムの間で苦しむドロシー。その彼女が80年度のプレイメイト・オヴ・ザ・イヤーに選ばれ、アラム監督の映画にも出演することになった。ドロシーはポールを避け、次第にアラムにひかれていった。そして、ニューヨーク・ロケの際、2人はいっしょのホテルに泊った。輝かしいスターの道が彼女の目前に広がっていった。嫉妬に狂うポールとの仲は、すっかり冷えきっていた。彼との別れを決意したドロシー。会ってくれれば別れるというポールの言葉を信じて、ポールの許を訪れたドロシー。それは80年8月14日のことだった。彼女の決心が変わらないことを悟ったポールは、用意していた猟銃で帰りかけたドロシーを撃ち殺した°そして、自らも彼女のかたわらで、同じ銃で生命を絶ったのだった…。

「スター80」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スター80」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984年4月28日
製作会社 ラッド・カンパニー作品
配給 ワーナー映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「スター80」のみんなのレビュー

「スター80」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。