進め女性軍

すすめじょせいぐん
製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「花嫁選手権」「ウォール街の女将」と同じくチャールズ・F・ライズナーが監督したマリー・ドレッスラー、ポリー・モーラン共演喜劇で、ゼルダ・シアース及びマルコム・スチュアート・ポイランが執筆した物語にウェルズ・ルートが潤色を加え、ロバート・E・フォプキンスが台詞をつけた。カメラは「類人猿ターザン」「南の誘惑」のクライド・デ・ヴィナの担当である。助演者は「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「マタ・ハリ」のカレン・モーリー、「琉球大学」のウィリアム・ベイクウェル、「太平洋爆撃隊」のジョン・ミルジャン某他ジョーン・マーシュ、トム・マッグァイヤー、ケイン・リッチモンド等である。

「進め女性軍」のストーリー

米国中西部の小都市に住むハティー・バーンズは夫に死別れ娘のマートルと二人暮らしだったので、親友のアイヴィーを同居させていた。ハティーは家庭的な女だったがアイヴィー政治狂で家庭のことを省みない。アイヴィーの夫ピーター・ヒギンスはお人好しの理髪師で女房の尻に敷かれていた。折柄市長改選期を控えてアイヴィーは大騒ぎをしていた。マートルは年頃の娘でベティ・エマーソンという青年と恋し合っていた。彼は町のギャングスター、キュランゴの子分だったがマートルと結婚するために、ギャングと絶縁することとした。キュランゴはそれを好まず子分のニフティーにベニイを殺せと命じた。ところがベニイは負傷しただけでデイジーという娘が傍つえを食って殺された。マートルは恋人を我家の屋根裏に匿って置いた。市長コリンスはキュランゴと気脈を通じていたが、その政権発表演説会の時デイジー殺害事件に憤慨していたハティーは市長を痛罵した。それが会衆を興奮させて遂に彼女を市長候補に祭り上げてしまう。アイヴィーはその選挙委員長として活躍した。キュランゴは妥協を申し込んだが一蹴された。ハティーは男たちの投票を強要するために町中の女房たちに、家庭生活百般に渉って夫にサービスを全廃止するというストライキを行わせた。かくてハティーは完全に選挙戦に勝つ見込みがついた折しも、ベニイはピーターに発見され密告されてたちまち補縛された。ハティーの家に匿はれていたという事実によって彼女は落選を覚悟しなければならなくなった。が警察署長の巧みな尋問とベニイの証言によって、既に捕らわれていたニフティーは包み切れずすべてを白状した。真相の判明とギャングの一網打尽そしてハティーの市長就任。かくてマートルとベニイは市長司会のもとに天下晴れて結婚することが出来たのである。

「進め女性軍」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「進め女性軍」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 M・G・M
レイティング

「進め女性軍」のみんなのレビュー

「進め女性軍」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません