アメリカの悲劇

あめりかのひげき
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

現在のアメリカ文壇に重きをなすセオドア・ドライザーが代表作の同名小説を映画化したもので脚色には、ハリウッド在住の詩人サミュエル・ホッフェンシュタインが当たり、監督は「モロッコ」「間諜X27」のジョセフ・フォン・スタンバーグが受け持った。主演者は「悪魔の日曜日」「盗まれた天国」のフィリップス・ホームズ、「市街」のシルヴィア・シドニー。助演者として「巴里選手」「恋とお月様」のフランセス・ディー、「愛する権利(1930)」のアーヴィング・ピチュル、クレア・マクドウェル、ルシル・ラ・ヴァーン、フレデリック・バートン、ウォーレス・ミドルトン、その他が出演。撮影を「市街」「間諜X27」のリー・ガームスが担当している。

「アメリカの悲劇」のストーリー

クライド・グリフィスはカンサス市の貧しい伝導師の子として生い育った。貧かったがゆえに彼は早くより自分の生計をたてねばならなかった。あるホテルのベル・ボーイとして働いているなか、上流社会の華麗な生活を日ごと見聞するにつれて彼はつくづく身のまずしさがいやになった。上流社会ーそこには女があり、恋のロマンスがある。と夜ごとに沸き立つクライドの野心は、けれどやはり若干のサービス料を握った彼の夢に過ぎなかった。満たされない者の寂しさ、ベッドの垢の冷たさ、彼はこの寂しさを売笑婦のもとに追いやって不良青年がたどる道を彼もたどって行った。ふとした事件から、クライドはカンサス市を逃げ出さねばならぬハメになったが、偶然にも叔父のサミュエル・グリフィスに助けられて叔父のカラー工場で働くことになった。サミュエル叔父はライカーガスでも屈指の財産家だった。クライドは叔父の許で働く一方、叔父の家庭に足を踏み入れる機会が多かった。そしてクライドがそこに見いだしたものは常に夢想していた上流社会の生活である。殊にこの社会の女サンドラが彼に愛を捧げるようになってからはパーティーや遠乗りの楽しさがクライドには忘れられなかった。クライドもサンドラを愛していたが、それでいて今一歩踏み越せない何ものかがあった。彼はそれを見極めようとしてこの半ば満たされた現在でありながら焦慮と憂鬱に悩まされた。ある日、叔父の工場に1人の女工が雇われた。純情な女工ロバータとクライドは一目会ってからお互いに恋に落ちた。ことにクライドはサンドラに対する自分の満たされたい青春をロバータに打ちまけていった。貧しかったが故に心の相寄った2人には盲目的な溺愛の日が続いた。やがてロバータに幸福が訪れた。彼女はクライドの胤を宿したのだった。そしてクライドに結婚を申し込んだ。今となっては事を解決する方法はロバータと結婚する他に道がない。それだのにクライドはサンドラを思い自分の身分を考え、ロバータと結婚する勇気もなくかえってロバータを自分から退けようと考えた。ある日巧妙な殺人事件を報じた新聞をふと見たクライドは今の自分の悩みを救う為に無分別な計画をたてた。やがて2人は人里遠く離れた山中の湖に出かけて行った。ロバータは初めてクライドの殺意を知って驚き悲しんだ。クライドはロバートの可憐な哀願を聞いては、ともすると心がぐらついた。が、彼は遂にロバータを殺してしまった。彼女が泳げないことを知っていた彼はボートを転覆させてロバータを湖の底に沈めてしまった。そしてサンドラの愛を求めて彼女のもとに走った。が、間もなく彼はサンドラの盛大なパーティーの半ばに検挙された。証拠抹消を企てたはずだったのに、十分な証拠のためにクライドはすべてを自白した。法は彼を殺人罪として遂に死刑を宣告した。人を救い人を善に導くべく努めていた伝導師がわが子を罪から救い得ず、善導できなかった愚かさを悲しんでクライドの母が紙に祈りを捧げる声を聞きながらクライドは静かに絞首台へ上っていった。

「アメリカの悲劇」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アメリカの悲劇」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「アメリカの悲劇」のみんなのレビュー

「アメリカの悲劇」のレビューを書く

「アメリカの悲劇」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません