スウォーム

すうぉーむ
上映日
1978年8月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

南アメリカから襲来した殺人蜂の大群が合衆国をめざして進んだ場合、どんな大惨事が起きるかを描く。製作総指揮はシドニー・マーシャルとアル・ゲイル、製作・監督はアーウィン・アレン、脚本はスターリング・シリファント、原作はアーサー・ハーツォグ、撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はジェリー・ゴールドスミス、編集はハロルド・F・クレス、特殊効果はハワード・ジェンセンが各々担当。出演はマイケル・ケイン、キャサリン・ロス、リチャード・ウィドマーク、リチャード・チェンバレン、オリヴィア・デ・ハビランド、ベン・ジョンソン、リー・グラント、ホセ・フェラー、パティ・デューク・アスティン、スリム・ピケンズ、ブラッドフォード・ディルマン、フレッド・マクマレイ、ヘンリー・フォンダなど。

「スウォーム」のストーリー

ある早朝のこと、はるばるブラジルから渡ってきた恐るべき殺人蜂の大群がテキサス州東南部に襲来した。世界的な昆虫学の権威クレーン(マイケル・ケイン)は大災害を未然に防ぐためアメリカ大統領の特命をおびて現地に派遣された。クレーンは殺人蜂の一群を追ってヒューストンの近くにあるミサイル基地に行きつくが、すでに殺人蜂の姿はなく、猛襲の凄まじさを物語る基地職員の無残な死骸だけが残されていた。その人けのないミサイル基地で出会ったスレーター空軍将軍(リチャード・ウィドマーク)と副官のベーカー少佐(ブラッドフォード・ディルマン)は、はじめは惨殺した犯人が蜜蜂であることなど信じられない面もちだったがクレーンの説明で事態の深刻さに気がつくのだった。ヒューストンに向っていることから殺人蜂の大群がテキサス州西南部を襲い、まもなくアメリカ全土に及ぶことは明らかだった。基地の女医で空軍大尉のヘレナ(キャサリン・ロス)、免疫学者のクリム博士(ヘンリー・フォンダ)、昆虫学者のハバード博士(リチャード・チェンバレン)、近くの町メアリーズビルの学校長モーリン(オリヴィア・デ・ハヴィランド)、その求婚者であるふたりの男性、フェリックス(ベン・ジョンソン)とクラレンス(フレッド・マクマレイ)、ウェートレスのリタ(パティ・デューク・オスティン)、テレビの人気アナウンサーのアン(リー・グラント)、水道局の監督官ジャッド・ホーキンス(S・ピケンズ)らが、殺人蜂防衛撃滅作戦に立ちあがり、さまざまな計画を検討していた。が、そのころまたしても殺人蜂がピクニックを楽しんでいた家族を襲い、殺戮のかぎりを尽くし、メアリーズビルへ突進中との急報が伝えられる。クレーンとヘレナはただちにメアリーズビルに急行するが、殺人蜂の大群はますます猛威をふるい人類を圧倒し、その災害はまさに頂点に達した。ヒューストンを侵略し、この大都会を麻痺させてしまうことは避け難かった。そんな中、クレーンとヘレナは蜂が音に敏感であるということからある作戦を実行にうつす。ヘリコプターから海に音を発する機械を打ちこみ、殺人蜂をひきよせようというのだ。作戦は的中し、海は音にひきよせられた殺人蜂で黒一色と化した。そこへ火焔ミサイルが放たれ、殺人蜂の大群は一瞬のうちに火に包まれ、熾烈な戦いは人類の勝利に終わる。

「スウォーム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スウォーム」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1978
公開年月日 1978年8月5日
製作会社 アーウィン・アレン・プロ作品
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「スウォーム」のみんなのレビュー

「スウォーム」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/12

ラミ・マレック(1981)

ドクター・ドリトル(2020)

ロバート・ダウニー・Jrが製作総指揮・主演を務めたアクションアドベンチャー。動物と話しができる医師のドリトル先生は、世間から距離を取り、ひっそりと暮らしていた。だが、病に倒れた女王を救うため、仲間の動物たちと共に伝説の島へと旅立つことに。監督は「ゴールド/金塊の行方」のスティーヴン・ギャガン。「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のアントニオ・バンデラスが共演。ヒュー・ロフティングの世界的ベストセラーを原案としている。

パピヨン(2017)

スティーブ・マックイーン主演による「パピヨン(1973)」をリメイク。無実の罪で終身刑を言い渡され、周囲を海に囲まれた孤島に送り込まれたパピヨン。自由を求め何度も脱獄を試みる彼は、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、奇妙な友情で結ばれてゆく。出演は「キング・アーサー」のチャーリー・ハナム、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のトミー・フラナガン、「ブリッジ・オブ・スパイ」のイヴ・ヒューソン。監督は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品の『氷の季節』で審査委員特別賞と最優秀男優賞を受賞したデンマークの新鋭マイケル・ノアー。本作は、アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした自伝小説と、ダルトン・トランボによるオリジナル脚本の両方をベースに「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキが脚本を執筆、73年版にはなかったパリでのエピソードも追加されている。
余貴美子(1956)

痛くない死に方

在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラーを「赤い玉、」の高橋伴明が映画化した人間ドラマ。痛くない在宅医を選択したはずの末期がん患者が苦しみ続ける最期を迎えてしまい、在宅医の河田は先輩の長野からカルテではなく本人を見るよう指摘される。壁にぶつかりながら医師として成長する河田仁を「火口のふたり」の柄本佑が、先輩医師の長野浩平を「赤い玉、」の奥田瑛二が演じる。原作者の長尾和宏が医療監修を務めている。劇場公開に先駆け、第45回湯布院映画祭の秋の陣にて特別試写作品として上映。

泣く子はいねぇが

是枝裕和率いる映像制作者集団“分福”の新人・佐藤快磨のオリジナル脚本による長編デビュー作。秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれたものの、いつまでも父親の自覚を持つことができないたすくは、ついに妻のことねから愛想を尽かされてしまい……。出演は「タロウのバカ」の仲野太賀、「見えない目撃者」の吉岡里帆。

「スウォーム」を観ているあなたにおすすめの映画