スイング

すいんぐ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「春を手さぐる」「姫君海を渡る」と同じくキャロル・ロンバードとフレッド・マクマレイが主演する映画で、監督には「春を手さぐる」「一九三七年の大放送」のミッチェル・ライゼンが当たった。原作はジョージ・マンカー・ウォッタースとアーサー・ホプキンスが合作した戯曲で、「楽天伯爵」のヴアジニア・ヴァン・アップと「ショウ・ボート」のオスカー・ハマースタイン2世が協力脚色した。助演者は「ジャングルの女王」のドロシー・ラムーア、「愛と光」のチャールズ・バターウォース、「鉄人対巨人」のジーン・ディクソン、「セイルムの娘」のハーヴェイ・スティーブンス等である。撮影は「春を手さぐる」「姫君海を渡る」のデッド・テヅラフが担当した。

「スイング」のストーリー

マギー・キングはナイトクラブのダンサーだった。彼女はパナマからカリフォルニアへ旅行の途中、前からの求婚者であるハーヴェイと結婚しようとしたが、バルボアで船に乗り遅れちょうど軍隊から出て来たスキッドに会う。その地方は暴動の起っている時だったが、二人は暴徒を使嗾した嫌疑で留置場に入れられた。それが縁となってマーフィの店で働くことになったマギーは怠け者のスキッドに同じ店のバンドにトランペット吹きの職を探してやった。スキッドもその後はマギーに勧められて熱心に芸を励むようになり、以前関係のあったアニタと別れてついにマギーと結婚した。スキッドと別れたアニタはジョージィという男の世話でニューヨークの有名な店で働くことになったが、スキッドの腕前を認めたジョージィは更に彼の芸に磨きをかけるため、アニタと同じ店に世話をしてくれた。スキッドは余り気が進まなかったが、彼の折角の機会をマギーが惜しがるので、成功の暁には再びマギーを迎えに来ることを約して彼はニューヨークに去った。それからのスキッドとアニタの人気はますます素晴らしく、ついに人気に酔った彼はマギーのことなどすっかり忘れてしまった。心配になったマギーははるばるスキッドを訪ねて見ると、ちょうど彼がアニタのアパートに泊ったことを知り、憤然として置手紙を書き自分はパリへ行ってスキッドと離婚し、再び昔のハーヴェイと結婚しようとした。それを知ったスキッドは、自分が初めてマギーに対して悪いことをしたと知ったが、自分の罪を悟ってはただマギーの幸福を祈るだけだった。しかしマギーを失った彼は、心の痛手を酒に慰めるようになり、人気は次第に落ちて行き、友人等の心配も顧みず日夜酒びたりになっていった。マギーはそれを聞くと、やはり自分も本心は彼を愛していることを知り、最初の決意をひるがえしてスキッドの許に帰り、二人には再び幸福な日が訪れたのであった。

「スイング」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スイング」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「スイング」のみんなのレビュー

「スイング」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません