スイング

すいんぐ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「春を手さぐる」「姫君海を渡る」と同じくキャロル・ロンバードとフレッド・マクマレイが主演する映画で、監督には「春を手さぐる」「一九三七年の大放送」のミッチェル・ライゼンが当たった。原作はジョージ・マンカー・ウォッタースとアーサー・ホプキンスが合作した戯曲で、「楽天伯爵」のヴアジニア・ヴァン・アップと「ショウ・ボート」のオスカー・ハマースタイン2世が協力脚色した。助演者は「ジャングルの女王」のドロシー・ラムーア、「愛と光」のチャールズ・バターウォース、「鉄人対巨人」のジーン・ディクソン、「セイルムの娘」のハーヴェイ・スティーブンス等である。撮影は「春を手さぐる」「姫君海を渡る」のデッド・テヅラフが担当した。

「スイング」のストーリー

マギー・キングはナイトクラブのダンサーだった。彼女はパナマからカリフォルニアへ旅行の途中、前からの求婚者であるハーヴェイと結婚しようとしたが、バルボアで船に乗り遅れちょうど軍隊から出て来たスキッドに会う。その地方は暴動の起っている時だったが、二人は暴徒を使嗾した嫌疑で留置場に入れられた。それが縁となってマーフィの店で働くことになったマギーは怠け者のスキッドに同じ店のバンドにトランペット吹きの職を探してやった。スキッドもその後はマギーに勧められて熱心に芸を励むようになり、以前関係のあったアニタと別れてついにマギーと結婚した。スキッドと別れたアニタはジョージィという男の世話でニューヨークの有名な店で働くことになったが、スキッドの腕前を認めたジョージィは更に彼の芸に磨きをかけるため、アニタと同じ店に世話をしてくれた。スキッドは余り気が進まなかったが、彼の折角の機会をマギーが惜しがるので、成功の暁には再びマギーを迎えに来ることを約して彼はニューヨークに去った。それからのスキッドとアニタの人気はますます素晴らしく、ついに人気に酔った彼はマギーのことなどすっかり忘れてしまった。心配になったマギーははるばるスキッドを訪ねて見ると、ちょうど彼がアニタのアパートに泊ったことを知り、憤然として置手紙を書き自分はパリへ行ってスキッドと離婚し、再び昔のハーヴェイと結婚しようとした。それを知ったスキッドは、自分が初めてマギーに対して悪いことをしたと知ったが、自分の罪を悟ってはただマギーの幸福を祈るだけだった。しかしマギーを失った彼は、心の痛手を酒に慰めるようになり、人気は次第に落ちて行き、友人等の心配も顧みず日夜酒びたりになっていった。マギーはそれを聞くと、やはり自分も本心は彼を愛していることを知り、最初の決意をひるがえしてスキッドの許に帰り、二人には再び幸福な日が訪れたのであった。

「スイング」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スイング」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「スイング」のみんなのレビュー

「スイング」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません