スインガー

すいんがー
上映日
1967年4月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル

ここが見どころ

ローレンス・ロマンの脚本を、「ラスベガス万才」のジョージ・シドニーが製作・監督したミュージカル篇。撮影はジョセフ・バイロック、音楽はマーティ・ペーチ、振付はデイヴィッド・ウィンタースが担当した。なお主題歌はアンドレ・プレヴィンが作曲している。出演は「ラスベガス万才」でジョージ・シドニーと組んだアン・マーグレット、「リオ・コンチョス」のアンソニー・フランシオサほか。

「スインガー」のストーリー

“ガーリュア”はどきつい記事とヌードを売りものにしている雑誌である。ある日勇ましい女の子が小説を売りこみに、編集長リック・コルビー(T・フランシオーサ)の前に現れた。彼女は名前をケリー・オルッスン(アン・マーグレット)といった。彼女の原稿は使いものにならず、軽く一蹴されてしまった。しゃくにさわった彼女はエロ小説を数冊買いこむと、ローレル・キャニオンの奥の淋しい所にあるアパートに閉じこもって、転落の女の物語をでっちあげた。題名を“スインガー”と名づけ、自伝だといって彼女は再び“ガーリュア”を訪れた。コルビーは内容があまりショッキングなので使用しなかったが、社長のヒューバート・チャールズ卿(ロバート・クート)がすっかり惚れこみ大々的に売り出すことになった。社長とコルビーは先ずケリーを宣伝するため、彼女が一体どんな生活をしているか視察に出かけた。それを知った彼女は仲間とらんちきパーティーを開き、自分があの小説の主人公のような転落の女であることを認めさせようとくわだてた。社長は彼女を思った通りの女だと信じ、宣伝に使おうと考えたが、コルビーは何とか彼女を真人間に立ち直らせようと真剣に考えていた。そしていつしかケリーを愛し始めていた。コルビーは探偵を雇ってケリーの過去を調べさせ、“スインガー”に書かれているのがすべて架空のことと分かった。彼は彼女に今まで欺されていたことを腹にすえかね、ひと泡ふかせてやろうとケリーに“スインガー”を実演させた。コルビーは彼女のヌード写真を撮ると今度はモーテルに連れ込んだ。そこで初めて彼女は自分の嘘を告白するのだったが、コルビーはふたりをつけていたフッカー刑事に暴力容疑で逮捕されてしまった。コルビーは最初からのいきさつを語って釈放され、ケリーのアパートへ向かった。またケリーも愛するコルビーが心配でオートバイを走らせていた。

「スインガー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スインガー」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1967年4月11日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「スインガー」のみんなのレビュー

「スインガー」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。