水兵さんはお人好し

すいへいさんはおひとよし
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「アメリカの暴露」「霧笛の波止場」のジェームズ・クルーズが監督した映画で、ヴァイオラ・ブラザース・ショーアとエセル・ドハーティーが共同して原作脚色したもの。主役は「唄へ!踊れ!(1933)」「めりけん音頭」のジャック・オーキーで、「殺人魔の家」「暁の砂漠」のヴィヴィエン・オスボーン、「恩讐」「四十二番街」のジョージ・E・ストーン、「ゆりかごの唄」のガートルード・マイケル、リンカーン・ステッドマン、ハントリー・ゴードン等が助演している。撮影はチャールズ・エドガー・シェーンバウムの担当。

「水兵さんはお人好し」のストーリー

タコマ艦隊の水兵で、ボクシング選手のジョーンズイは艦隊が入港すると早速自分のマネージャー格のマーフィと上陸して、波止場で赤髪のむすめレッドと知り合いになる。ところがレッドの以前の男友達で太平洋艦隊のボクシング選手権保持者のハーティガンがこれを見て、レッドへの未練からショーンズイとの間を邪魔するので、ジョーンズイとハーティガンの喧嘩となって、ジョーンズイは見事にのされてしまう。しかしレッドにこの時の傷を看病されたのを機会に2人の仲は急速に進展して行った。マネージャーのマーフィはジョーンズイが来るべき全海軍ボクシング選手権争奪戦を前にして練習もせずレッドと遊び回っているのを心配して、レッドをジョーンズイを破滅させる妖婦だと罵る。レッドも始めてジョーンズイの肩に重大なる責任のあることを悟って、自ら進んでジョーンズイに酒や煙草やその他一切の不摂取を止めさせボクシングへの精進を誓わせる。しかし段々窮屈な生活を強いているレッドが煙たくなり出し、社交界の令嬢で気まぐれから、ふとジョーンズイに興味を覚えて近づいて来たケイと酔ったまぎれに結婚してしまう。しかし彼は虚偽だらけな上流生活に辛抱できず、1ヵ月後にまた海軍に復帰する。いよいよハーティガンと選手権を争うことになるが、1ヵ月の怠惰な上流生活が災いして試合は初めジョーンズイに極めて不利であったが、試合半ばで、レッドがハーティガンのために傷つけられたと聞き、怒りに燃え立った彼は見事にハーティガンをノック・アウトしてしまう。しかしレッドがハーティガンに傷つけられたというのは彼女がジョーンズイに勝たせたいばかりに知らせた嘘報だったのである。ジョーンズイは今更の如くレッドの赤心に感激して彼女を固く抱いたのであった。

「水兵さんはお人好し」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「水兵さんはお人好し」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 Jefferson_Pictures_Corporation
配給 RKOラジオ映画
レイティング

「水兵さんはお人好し」のみんなのレビュー

「水兵さんはお人好し」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。