水兵さんはお人好し

すいへいさんはおひとよし
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「アメリカの暴露」「霧笛の波止場」のジェームズ・クルーズが監督した映画で、ヴァイオラ・ブラザース・ショーアとエセル・ドハーティーが共同して原作脚色したもの。主役は「唄へ!踊れ!(1933)」「めりけん音頭」のジャック・オーキーで、「殺人魔の家」「暁の砂漠」のヴィヴィエン・オスボーン、「恩讐」「四十二番街」のジョージ・E・ストーン、「ゆりかごの唄」のガートルード・マイケル、リンカーン・ステッドマン、ハントリー・ゴードン等が助演している。撮影はチャールズ・エドガー・シェーンバウムの担当。

「水兵さんはお人好し」のストーリー

タコマ艦隊の水兵で、ボクシング選手のジョーンズイは艦隊が入港すると早速自分のマネージャー格のマーフィと上陸して、波止場で赤髪のむすめレッドと知り合いになる。ところがレッドの以前の男友達で太平洋艦隊のボクシング選手権保持者のハーティガンがこれを見て、レッドへの未練からショーンズイとの間を邪魔するので、ジョーンズイとハーティガンの喧嘩となって、ジョーンズイは見事にのされてしまう。しかしレッドにこの時の傷を看病されたのを機会に2人の仲は急速に進展して行った。マネージャーのマーフィはジョーンズイが来るべき全海軍ボクシング選手権争奪戦を前にして練習もせずレッドと遊び回っているのを心配して、レッドをジョーンズイを破滅させる妖婦だと罵る。レッドも始めてジョーンズイの肩に重大なる責任のあることを悟って、自ら進んでジョーンズイに酒や煙草やその他一切の不摂取を止めさせボクシングへの精進を誓わせる。しかし段々窮屈な生活を強いているレッドが煙たくなり出し、社交界の令嬢で気まぐれから、ふとジョーンズイに興味を覚えて近づいて来たケイと酔ったまぎれに結婚してしまう。しかし彼は虚偽だらけな上流生活に辛抱できず、1ヵ月後にまた海軍に復帰する。いよいよハーティガンと選手権を争うことになるが、1ヵ月の怠惰な上流生活が災いして試合は初めジョーンズイに極めて不利であったが、試合半ばで、レッドがハーティガンのために傷つけられたと聞き、怒りに燃え立った彼は見事にハーティガンをノック・アウトしてしまう。しかしレッドがハーティガンに傷つけられたというのは彼女がジョーンズイに勝たせたいばかりに知らせた嘘報だったのである。ジョーンズイは今更の如くレッドの赤心に感激して彼女を固く抱いたのであった。

「水兵さんはお人好し」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「水兵さんはお人好し」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 Jefferson_Pictures_Corporation
配給 RKOラジオ映画
レイティング

「水兵さんはお人好し」のみんなのレビュー

「水兵さんはお人好し」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。