水塔の西

すいとうのにし
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1923年に出版されたホーマー・クロイ氏原著の小説を、ルシエン・ハバードシが書き改め、ドリス・シュローダー女史が脚色し、「神とその女」「運命(1919)」等と同じくローリン・スタージョン氏が監督したもの。主役は「活動のマートン」のグレン・ハンター氏、「駅馬車(1925)」のアーネスト・トーレンス氏「キック・イン」のメイ・マカヴォイ嬢等で、その他にもジョージ・フォーセット氏、ザス・ピッツ嬢等が出演している。

「水塔の西」のストーリー

ジャンクション・シティーという小さい田舎町で、牧師アドリアンの息子ガイは、町一番の金持ちチュウ氏の娘ビーと恋仲であった。二人は牧師に恨みを持つ男に計られ結婚式を挙げたが、その式は法律上正当でないと言い触らされ、ビーはやがて生まれる赤児のことで父に辛い思いをしなければならなかった。町に泥棒事件が起こった時ガイは疑われ投獄されたが、出獄後ビーは父と共にこの町を去っていた。ガイが優しいデシーという娘に慰められ、二人が結婚の約束をした時ビーが赤児を抱いて帰って来た。彼女の父が死んだためである。町の人々は再び彼ら二人に冷酷な目を向けた。国道が出来ようとしたときガイは都へ上って国道を自分の町を通じて作るように嘆願し容れられて意気揚々と帰って来た。この手柄で町の人々の心が柔いだころかつて彼とビーとを結婚させた役人が現れて、彼らの結婚の正しかったことを証明したので、初めてガイとビーとの夫婦は楽しい日を迎える事が出来た。批評ー知識階級に向く映画で、小さい田舎町の生活が良く描かれている。心理争闘の描写と見事な演出が良い。(ニウス誌ローレンス・リード氏)

「水塔の西」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「水塔の西」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング

「水塔の西」のみんなのレビュー

「水塔の西」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。