スーパー・ガン

すーぱーがん
上映日
1973年6月9日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

金も力もあり、女にも強い黒人ガンと白人犯罪シンジケートの闘いを描く。製作はノーマン・ブリゲンとジョン・ヘイマン、監督は「狂ったメス」のロバート・ハートフォード・デイヴィス、脚本はフランクリン・コーエン、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はトニー・オズボーン、編集はパット・サマーセットが各々担当。出演はジム・ブラウン、マーティン・ランドー、ブレンダ・サイクス、ルチアナ・パルッツィ、ヴィダ・ブルー、スティーブン・マクナリー、キーフ・ブラッセルなど。

「スーパー・ガン」のストーリー

ロサンゼルスでナイトクラブを経営するガン(ジム・ブラウン)は、町の黒人たちから圧倒的指示をうけていた。金もあり、力もある。ロールスロイスを乗り回し、不法な白人どもと堂々とわたりあう。そして決して屈服はしない。黒人たちにとっては頼りになるボスだったが、白人犯罪シンジケートにとっては眼の上のコブだった。組織のボス、キャペリ(マーティン・ランドー)はあらゆる機会を狙ってはガンに攻撃をかけたが、屈強なボディー・ガードのために、手も足もでない。組織にとって、もう1つ眼ざわりな存在があった。「ブラック・アクション・グループ」という黒人組織で、黒人徴兵に反対し、社会にリーダー・シップをうちたてようとする過激な団体だった。ガンの弟も参加しており、その対立は日毎にエスカレートしてあちこちで派手な射ち合いを演じていた。そのグループを全面的にバックアップしているのがガンだった。ある日、またしてもガン暗殺に失敗した組織は次の目標としてガンの弟を惨殺した。弟の死を知り、ガンの怒りは爆発した。すぐさまライフルを手に組織の倉庫に乗り込んだ。激しい銃撃戦だったが、多勢に無勢、ガンは捕らえられてしまう。バーナーの火が顔に浴びせられようとした瞬間、「ブラック・アクション・グループ」の1団が救援にやってきた。危機一髪、難を逃れたガンは再び銃撃戦に加わった。銃弾が四方八方に飛びかうすさまじい戦いの末、ガンたちはキャベリ一派を皆殺しにした。

「スーパー・ガン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スーパー・ガン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1972
公開年月日 1973年6月9日
製作会社 ジョン・ヘイマンプロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「スーパー・ガン」のみんなのレビュー

「スーパー・ガン」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません