アメリカの影

あめりかのかげ
上映日
1965年2月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

アメリカン・ニューウェーブの旗手、ジョン・カサヴェテスが台本なしで演出したセミ・ドキュメンタリー・ドラマ。撮影はエリック・コルマー、音楽はチャールズ・ミンガスが担当した。セリフは監督がその場面に応じて即興的な説明したものを語ったもの。出演はレリア・ゴルドーニ、ヒュー・ハード、ベン・カラザース、アンソニー・レイら無名の新人で、映画の中でも本名を用いてあるのは面白い試みといえる。ヒュー・ハードは大島渚の「飼育」に出演したことがある。

みんなのレビュー

「アメリカの影」のストーリー

ニューヨークのマンハッタンに住む、長兄のヒュー(ヒュー・ハード)、弟ベン(ベン・カラザース)、妹レリア(レリア・ゴルドーニ)の兄弟には、黒人の血が流れていた。兄のヒューが完全な黒人であるのに反して、2人の弟妹は、強く白人の血を受けていた。ヒューはナイトクラブの歌手として高名であったが、今では往年の人気もなく、一流歌手のプライドを守るヒューも、一家を支えるため三流ストリップ場に出演しなければならなかった。だがヒューがそこで知ったのは、客うけのしない惨めな自分であった。2人の兄に比べて虚栄心の強いレリアは、白人として通用する肌に、兄たちから独立したいという欲求を秘めて、ボヘミアンのグループに加わっていた。そして、あるパーティで白人青年トニーを知ると、身体を許した。レリアにとってこの経験は鮮烈であり、またトニーもレリアを心から愛していることを確信した。家まで送っていったトニーは、初めてレリアが黒人であることを知りショックを受けた。一方ヒューは、妹が白人に傷つけられたのを知り、トニーを追い返すと、2度と会わせようとしなかった。そして、トニーの努力も虚しく、レリアンはすさんだ心で、兄の友人に紹介された黒人青年と次のパーティに行くのだった。ヒューの弟のベンは自分の身体の中を流れる血に秘められた人種差別に絶えず苦しめられ、非行に走っていった。兄弟の中に流れる血に反撥しながらも、この兄弟は三人三様の道を求めて進んでいる。黒人ゆえに人生の苦労も多いが、ベンにとっては、生活の場よりも、自分の立場を知ることが大切なことであるようだ。

「アメリカの影」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アメリカの影」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1960
公開年月日 1965年2月5日
製作会社 マケンドリー・プロ映画
配給 東和=AT
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「アメリカの影」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。