人生の行路(1933)

じんせいのこうろ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「南風」「夜間飛行」のライオネル・バリモアが出演する映画で、カザリン・ハヴィランド・テイラーの原作を「砂上の摩天楼」のレスター・コーヘンと「裸女と蝿」のサミュエル・オルニッツが共同脚色し、「かわいいアンニー」のジョン・S・ロバートソンが監督にあたった。助演は「一日だけの淑女」のメイ・ロブスン、「暁の耕地」のドロシー・ジョーダン、「南海の劫火(1932)」のジョエル・マクリー、「七万人の目撃者」のデイヴィッド・ランドー及び「濡れた拳銃」のフランセス・ディーで、その他にもジェームズ・ブッシュ、オスカー・アッフェル、子役バスター・フェルプスも出演している。撮影はジャック・マッケンジーの担当。

「人生の行路(1933)」のストーリー

妻に先立たれた医師イーライ・ウォットは6才になる愛息ジミーを伴って生まれ故郷の田舎町へ帰って来た。彼は町の銀行家ラドフォードから500ドルを借りて開業した。第1の患者はマクギニスの妻だった。ところが難産で生まれた赤ん坊は助かったが産婦は死んでしまった。マクギニスは怒って打ってかかりかねないのでイーライは赤ん坊を引き取って育てた。イーライの家庭にはセラーというオールド・ミスがハウスキーパーとして働いた。かくてマクギニスの娘レティーが4才の誕生日を迎えた時、マクギニスは前非を悔いてイーライに娘を返してくれと願った。お人好しイーライはマクギニスの身勝手な要求にも応じた様に、彼は治療してやった患者たちにも診察代や薬代を督促もしなかったので、いつも貧乏だったが、患者たちが食料品を届けてくれるのでさして不自由でもなく、1子ジミーの成長を楽しみに暮らした。ジミーが小学校に入学した頃、町では天然痘が流行した。イーライは不眠不休で防疫で勤めたので、死者も出さずに済み町の人々に感謝され、州庁からも表彰され、ニューヨークに出て医学研究をせよと勧められた。しかし彼はジミーのために研究欲も犠牲にした。成人したレティーはラドフォードの息子ビルと恋仲で、ある日ドライヴに出掛けたとき、自動車が覆りビルは瀕死の重傷を負った。イーライの応急処置が良かったのでビルは片輪者にもならず、ラドフォードは感謝してイーライへの貸金を棒引きにした。しかしビルとレティーの結婚にはラドフォードは肯んじなかった。その時既に身重になっていたレティーが服毒自殺を企てたのでラドフォードも譲歩した。数年後レティーは2人の子の母となっていたが、大晦日の晩急病となり、ニューヨークで若き外科医となっているジミーの手術を受けた。手術は大成功だったがレティーは気力の沮喪のために危篤だった。ニューヨークへ呼ばれたイーライはレティーの気を引き立てて、彼女に生きんとする意志を持たせた。それがあたってレティーは快方に向かった。イーライは医学が癒しえなかった患者を温かい人間愛で回復させたのである。医師たるものにはこの心掛けがなくてはならん、といって彼は医学会で表彰された。そしてジミーにもジョーンという立派な妻ができたので、イーライ・ウォットは老いていよいよ幸福を感じるのだった。

「人生の行路(1933)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「人生の行路(1933)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 Pandro_S._Berman_Production
配給 RKOラジオ映画
レイティング

「人生の行路(1933)」のみんなのレビュー

「人生の行路(1933)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。

「人生の行路(1933)」を観ているあなたにおすすめの映画